相馬生息のイノシシの糞から10868bq/kgのセシウムが検出される

Written by  on 1月 8, 2016 

福島県いわき市在住で福島原発由来の放射性物質を測定している方の報告によると、相馬郡飯館村の小宮野手神山で採取したイノシシの糞から10868bq/kgの放射性セシウムが検出されたという。

Category : 原子力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA