JASRAC職員 音楽教室に主婦を名乗り2年間潜入 雅楽演奏者にも著作権使用料要求の電話

   on 7月 8, 2019 

音楽教室での演奏から著作権料を徴収しようとしているJASRACが、職員を約2年間にわたって「生徒」を装い教室に通わせ、潜入調査していたと朝日新聞が8日報じた。
職員は2017年6月に東京・銀座のヤマハの教室に職業は主婦とし入会、19年2月までバイオリンのレッスンを受け、成果を披露する発表会にも参加していた。
JASRACは朝日の取材に対し、潜入調査について「演奏権は形に残らず侵害されやすい権利。調査は利用の実態を把握し、立証するために必要だ」と説明しているという。

JASRACについては、もともと、将来JASRACに利益をもたらすようになる可能性もある生徒が学ぶ音楽教室からも著作権料を取るのはやりすぎとの批判があった。スパイのような今回のやり方に、生徒と信じていた講師が気の毒との声が殺到している。

生徒だと思い真剣に教えていた講師
2年も人を騙し続けたJASRACのスパイ
今、どんな思いでいるのか、、、
@shamrock_naoto

1人の生徒を教えるためにどれだけ先生がレッスンの計画を立てて生徒さんが上手になるように指導法とか勉強してる事全然分かってない。先生を裏切る行為だってことちゃんと理解して欲しい
@sirokumanyan

JASRACは雅楽演奏者の岩佐堅志氏にも著作権使用料を要求する電話をかけ一蹴された件も数年前話題に。

Category : 芸能音楽

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA