米軍、朝鮮半島の戦争仮想極秘戦略会議の開催
米軍が今週、米国フロリダ州タンパの特典司令部」戦争ゲームセンター(USSOCOM-Wargame Center)」で、北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)の対応を名分に韓半島戦争勃発の状況に対応するために「韓国の戦略セミナー(KSS 、Korean Strategy Seminar)」を秘密裏に開催していることが確認された。

最近、北朝鮮が韓米連合訓練の中止を要求している中で、米軍はむしろ「キーリゾルブ(Key Resolve)」など、韓米合同軍事訓練を控えて米本土の米軍の中核施設で、前例のない韓半島戦争を想定した複数のシナリオをいちいち検討いわゆる「戦争ゲーム」の秘密戦略会議を開催していることがわかり、北朝鮮当局の強力な反発が予想される。

米国ワシントンの有力インターネット媒体である「ワシントンフリービーコン」は、26日(現地時間)、米国防総省関係者の話を引用して「在司令官の秘密戦略会議主導(US Commander in Korea Leads Secret Strategy Session)」というタイトルでカーティススふた締め機ロティ在韓米軍司令官が出席した中で、今週の米国フロリダ州タンパにある米軍特戦司令部内の「戦争ゲームセンター」で秘密の戦略会議が開かれたと報道した。

報道によると、今回の戦略会議では、米国防総省高官級の壁が参加する予定であり、北朝鮮のリムーバブル長距離ミサイルであるKN-08への対応策が議論されると伝えられた。これに関してアンドレコック駐韓米軍司令部スポークスマンは、「今回の戦略会議は、米軍主要指揮官たちが集まって、韓半島の安定を強化し、これを積極的に支援する案を議論する場」とし「ここには、北朝鮮の大量破壊兵器への対応策と地域の安定を維持するために韓国の役割のサポートを強化する案が含まれるだろう」と明らかにしたが、メディアは伝えた。

「ワシントンフリービーコン」はまた、米国防総省関係者の話を引用して、今回の戦略会議は、戦争など有事の際の状況に備えて、「北朝鮮内の大量破壊兵器施設と備蓄分を破壊する米軍特殊戦司令部の既存の作戦計画の検討と最も脅威的な非対称戦力である北朝鮮の大規模な特殊戦兵力が戦争(conflict)の発生時韓国に浸透する場合に備えた計画も議論される予定だ」と伝えた。これに関して、米国防総省ジェフリー·プールのスポークスマンは、具体的な説明は、拒否したまま、今回の会議は、「米国防長官の主要な関係者が参加する秘密の戦略セミナーの一部」とし「フロリダで、これらの戦略会議を開催する理由は、この施設(戦争ゲームセンター)は、高度なレベルのセキュリティ機密を扱う多くの参加者が参加できる施設だから」と明らかにしたこの媒体は付け加えた。
(translate.google)
source:vop.co.kr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA