[北朝鮮核実験]仮に封じ込めに失敗していた場合、放射性物質が飛来するのは、今夜半

Written by  on 1月 6, 2016 

北朝鮮の核実験を受け、全国の原発周辺などをモニタリングしている原子力規制庁は、1月6日午前11時半現在、「空間放射線量の数値に異常はない」と発表した。
独自に情報連絡室を設置し、放射線モニタリングを開始した新潟県の泉田知事によると、『仮に封じ込めに失敗していた場合、放射性物質が飛来するのは、今夜半になる。』とのことだ。

ロシア・タス通信によると、北朝鮮に隣接するロシア沿海州で、放射線の異常は観測されていない。
source:tass.ru(ロシア語)

ロシアメディアRIAもロシア極東で放射線の異常はなしと報告。

Category : 原子力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA