大塚製薬 米製薬会社が開発した白血病の治療薬「ポナチニブ」の日本国内での製造販売承認申請

Written by  on 3月 17, 2016 

大塚製薬株式会社は2016年1月、米アリアド・ファーマシューティカルズ・インクが開発した白血病の治療薬である「ポナチニブ」について、日本国内での製造販売承認申請を行ったことを発表した。
日本では慢性骨髄性白血病(CML)は10万人に1人程度の割合ですべての年齢層で発症し、患者数は約11,000人と推定されている。
治療の進歩により死亡率は低下しているが、高齢者の人口増加に伴い罹患者数は増加傾向にあるという。
release:大塚製薬株式会社

Category : 社会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA