作詞家の仁井谷俊也氏が今月7日、病気のため逝去していたという。2014年、氷川きよしに提供した「ちょいと気まぐれ渡り鳥」で第47回日本作詩大賞受賞した作詞家で、氷川きよしの「面影の都」、北島三郎の「橋」、長山洋子の「蜩」などを手がけた。享年69歳。

歌手藤原浩の気まぐれ日記より。

ここ近年たいへん
たいへんお世話になっておりました
作詞家の仁井谷俊也先生が、ご病気にてご逝去されました。
http://yaplog.jp/hiroshi-f/archive/5356

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA