セレーナ・ゴメス 今年夏に腎臓移植

Written by  on 9月 14, 2017 

米人気歌手のセレーナ・ゴメス(25)が9月14日、今夏に友人のフランシア・ライサとから腎臓移植を受けていたことをインスタグラムで報告した。
ゴメスはビルボードとの2015年10月のインタビューで難病の「全身性エリテマトーデス(SLE)」と診断され、化学療法を受けていることを明らかにし、2016年8月から治療のために一時歌手活動を停止いていた。

友人のフランシア・ライサと手をつぐゴメス

I’m very aware some of my fans had noticed I was laying low for part of the summer and questioning why I wasn’t promoting my new music, which I was extremely proud of. So I found out I needed to get a kidney transplant due to my Lupus and was recovering. It was what I needed to do for my overall health. I honestly look forward to sharing with you, soon my journey through these past several months as I have always wanted to do with you. Until then I want to publicly thank my family and incredible team of doctors for everything they have done for me prior to and post-surgery. And finally, there aren’t words to describe how I can possibly thank my beautiful friend Francia Raisa. She gave me the ultimate gift and sacrifice by donating her kidney to me. I am incredibly blessed. I love you so much sis. Lupus continues to be very misunderstood but progress is being made. For more information regarding Lupus please go to the Lupus Research Alliance website: www.lupusresearch.org/ -by grace through faith

Selena Gomezさん(@selenagomez)がシェアした投稿 –

ゴメスは腎臓を提供してくれたフランシア、手術を行った医師チーム、家族のサポートに深い感謝の意を述べている。
「私の美しい友人フランシア・ライサにどのように感謝できるかを言葉もありません」(ゴメス)

ゴメスは約1週間前に2017年1月から交際しているザ・ウィークエンドとのツーショット写真を公開し話題になったばかり。

Category : 音楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA