-エベンキ族の写真-

151515
http://www.koreansentry.com/forum/viewtopic.php?f=4&t=3977

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ec
http://www.lcl.srcc.msu.ru/ENGLISH_VERSHION/2010gallery_Napas.htm

 

evv
http://www.flickriver.com/photos/tags/evenk/interesting/
e
http://koriff.blogspot.jp/
ev
http://www.mikaelstrandberg.com/2012/04/09/evenki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エヴェンキ(エベンキ)族

エベンキとはツングース系民族の一つで、現在はロシア国内のシベリア連邦管区にあるエヴェンキ自治管区に居住する。ほか、ロシア国内ではサハ共和国、中国では興安嶺山脈周辺の内モンゴル自治区・黒竜江省などに居住している。韓国人のルーツとの説も。韓国人を意味を知らずに民謡サビで使用してきたアリランはエヴェンキ語では意味がはっきりしているという。

韓国大教授「韓国人のルーツはエベンキ人」 韓国外国語大学ロシア語科のカン・トクス教授はサハ共和国南北辺境に住んでいるエベンキ人たちが使うエベンキ(ツングース)語は 数字や一家親戚を称する単語が韓国語と非常に似ていると話した。 韓国人のルーツはエベンキ人ではないかと主張している。 エベンキ語のデョルは韓国語のドルで「石」 デュルはドゥルで「2(二)」 デュル-レはドゥル-レで「周り」 ムはムルで「水」 アミはアビで「父」 エニはエミで「母」 アシはアッシで「若い女性(アガシ)」 アキはアチで「おじさん(アジョシ)」 べイェはべで「輩」 ~ンイは~ウイで「~の」を意味する。 「何年か前にDNA検査のためにエベンキ人の髪の毛をソウル大学に渡したことがあるが、まだ研究結果は聞けなかった。エベンキ人たちも私たち(韓国人)のようにモンゴル斑点があり、顔付きも似ている」 とも話した。 (掲示板:インターネット日韓文化交流KJCLUB-KJLAND) source:韓国聯合ニュース(韓国語,cache)

 「アリラン、スリラン」の単語を使用するバイカル少数民族 オシルハ教授、ロユーラシア文化フォーラムで明らか 2005.08.14 (イルクーツク=連合ニュース)=ギムビョンジョ記者= バイカル近隣の少数民族エベンキは、現在まで`アリラン’と`スリラン’という言葉を使用しています。 「シベリア先住民の遺伝子と韓国人の遺伝子型を分析した結果、70%が典型的なモンゴロイドの遺伝子型を示しています。」 「シベリア南部地域に住んでいるエベン族の言語で“アリラン(ALIRANG)は迎えるという意味で、スリラン(SERERENG)は感じて知っているという意味”で使われている。」と説明した。 「“私たちが意味も知らずに民謡サビのみ使用してきたアリラン、スリラン”は古代北方シャーマニズムの葬儀文化で“魂を迎えて別離の悲しみを我慢する”という意味であったと推定される。」と強調した。 translate.google:media.daum.net(韓国語)

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA