日本漫画家協会は10月13日、協会会員の漫画家高畠エナガ氏が、今年の8月21日に脳梗塞のため死去していたことを発表した。葬儀は8月24日に、七十七日法要は10月7日に、近親者のみで行われたとのこと。
高畠氏は『ジャンプスクエア』2011年11月号の特別付録漫画「Reversi」で漫画家デビューした29歳の漫画家。
亡くなる2週間前に自身のTwitterで「人間ドックにいった。MRIは二度目だったからのんびり瞑想して平気だったけどその後のバリウムがきつかった。。バリウムのもったり感と事前に飲む炭酸のコンボがもう。。大体問題なしで良かった。」
と話していた。


一度目のMRIは去年の11月で、その際は問題なしとの診断だったという。


-link
公益社団法人日本漫画家協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA