ミュンヘン五輪韓国代表の長州力が帰化申請

Written by  on 11月 20, 2015 

ch

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュンヘンオリンピック(1972)にレスリングの韓国代表として出場していることで知られるプロレスラー長州力(63)が現在、日本へ帰化申請中だという。本人は著書の中で「ぼくは90%日本人です」、夕刊紙のインタビューで、帰化したら何かが変わると思いますか?との問いに「う~ん、色が変わるだけかな。パスポートの色が変わるだけ」と答えている。しかし、ある行政書士は年齢、離婚歴、負債等の理由で『帰化するのが一番難しいパターン』とコメントしており、認められない可能性も高いようです。

長州はノンフィクションライター田崎健太氏筆の伝記本『真説・長州力 1951-2015』(集英社インターナショナル)で、半生を告白し、話題となっている。
真説・長州力 1951‐2015

Category : 韓国

Comments

One Response

  1. a より:

    キムチ悪いですね。
    散々アントニオ猪木をコケにしていじめ抜いたくせに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA