山口組 対立抗争へ発展か「現場は一触即発状態」「いつ何があってもおかしくない」

Written by  on 8月 29, 2015 

現組長の出身母体「弘道会」に対する不満を背景に指定暴力団・山口組で分裂する動きが出ている。
現在の組長の出身母体は名古屋市に本部がある「弘道会」で、組長が就任した2005年以降、「弘道会」の出身者が組織の主要な地位を占めていったという。
以下は構成員35人ほどの某組長の内部情報。


渡辺芳則(二代目山健組組長、健竜会初代会長などを歴任し1989年、一和会との抗争を終結させて、五代目山口組組長に就任。)

Category : 警備

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA