三星ソウル病院の看護師·マーズ感染。患者数184人
2015.07.02
マーズの疑いの症状が発見された三星ソウル病院の看護師が184番目のマーズ患者に確定判定を受けた。この看護師はマーズ隔離病棟診療に参加したが、患者はこの日午前、病院自体の発熱検査で症状が発見された、病院で施行した1次検査でマーズ陽性判定を受けた。対策本部は同日午前の定例ブリーフィングでは、患者が1次陽性判定を受けたという事実を明らかにした。最近の五日の間患者の発生がなかった三星ソウル病院は、この日一日中、看護師2人が確定判定を受けた。これにより、184人のマーズ感染者のうち、89人が三星ソウル病院で発生た。このうち、この病院の医療スタッフは、14人である。
[ソウル=連合ニュース、googleh翻訳(原文は韓国語)]

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA