韓国検察がデマを流布し、社会の信頼を損なう犯罪者を強力に処罰する名誉毀損事件担当捜査チームを新設したことが、9月3日確認された。
ソウル中央地検は刑事部に名誉毀損事件担当チームを新規設立した。専門チームはオンライン上の匿名性に隠れた名誉毀損罪が増えている傾向を考慮しサイバー犯罪担当者を配置した。
検察が個人情報の流出や証券犯罪担当捜査チームを作ったことはあるが、名誉毀損の専門チームを設置したのは今回が初めてである。
これと関連し、ソウル中央地検は最近、朴槿恵大統領の貯蓄銀行ロビー関連などを提起した野党のパク·チウォン議員を名誉毀損容疑で起訴した。チーム発足以来、大統領への疑惑を提起した日本の加藤達也産経新聞ソウル支局長も召喚されている。
sources:media.daum.net(韓国語),translate.google

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA