北海道内でpm2.5上昇傾向

   on 3月 1, 2019 

3月1日、北海道で呼吸器系などへの影響が懸念されているPM2.5の濃度が北海道各地で上昇し、札幌市の一部では、1立方メートル当たり89マイクログラムと通常の約9倍に達した。
濃度の高い状態は数日続く見通しで、気象庁等は注意を呼びかけている。

Category : 災害

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA