KENZO(ケンゾー)設立者のデザイナーの高田賢三氏を韓国企業リビングワールドが告訴

   on 1月 9, 2019 

ファッションブランドKENZO(ケンゾー)設立者のデザイナーの高田賢三氏を韓国の生活用品の製造販売会社が昨年7月に詐欺容疑で警察に告訴していたと1月8日、韓国メディア聯合ニュースなどが伝えた。
同社は2010年3月に高田氏側と面談し、高田氏が台所用品などの製品に使うデザインを提供するとともに、同氏の名前を使用する対価として、10年5月から14年5月にかけて合計約1億8000万ウォン(約1740万円)を支払ったが、高田氏側はデザインを提供せず契約を履行しなかったという。これに先立ち、高田氏側は15年に韓国で同社を相手に損害賠償請求訴訟を起こし、敗訴していたいう。

高田氏側は、同社が契約が切れた後に、高田氏側が提供し、高田氏の名前が入った商品を販売したとして7億ウォンの損害賠償を請求したが、裁判所は高田氏側が提供したデザインは日本の漫画を模倣したものとみられることに加え、高田氏側は商標権を別の業者に渡し、これを使うことができない状態で同社と契約したとし、原告敗訴を言い渡した。
(韓国聯合)

別の業者とはフランスのLVMHグループのことで、LVMHがケンゾーを買収した後だったため、高田氏は「KENZO」などのブランドを使用することができない状態で、自分の権限を超えて契約を締結したとして敗訴した模様。

同社はこの判決を根拠に高田氏を詐欺容疑で告訴し、処罰を要求した。
これに対し警察は起訴中止意見として昨年11月に検察に事件を送検。検察も起訴中止処分にした状況だ。起訴中止は被疑者の所在地不明など様々な理由で捜査を終結できない時、その理由が解消されるまで捜査を中止する措置だ。
警察関係者は「捜査がはやく行われるよう方法を探してみる予定」と話した。
(韓国聯合)
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190108006300882

別の韓国メディアの報道によると社名はリビングワールド。

キッチン用品メーカーであるリビングワールドのムンジヨン代表は、昨年7月に健三を詐欺の疑いで安城警察署に告訴した。
(Google翻訳)
https://news.v.daum.net/v/20190108151249982?rcmd=rn&f=m

Category : 未分類

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA