鳩山由紀夫元首相 北海道地震は『CCS(CO2を地下に貯蔵する試み)による人災』との見解示す

   on 2月 22, 2019 

鳩山由紀夫元首相が2月21日午後9時過ぎに胆振地方中東部で発生した地震を「CCSによる人災と呼ばざるを得ない。」との見解を示し話題に。
鳩山元首相は21日の地震の直前、「先日昨年の北海道厚真町地震が高圧でCO2を地下に貯蔵するCCSにより人工的に引き起こされたのではないかと書いた。実際、北大の研究者が5年前にその可能性があるとする論文を発表していた。日本では地震の影響を考慮するとCCSは非現実とも述べている。政府は決して認めないだろうがCCSは再考すべきだ。」とツイート。
その後、地震が発生、
「本来地震に殆ど見舞われなかった地域だけに、CCSによる人災と呼ばざるを得ない。」と指摘。

大きな圧力をかけてCO2を地下に埋めるCCSプロジェクトが地震の要因という説は以前からの特論で、長岡(新潟県)で行われた後中越地震、中越沖地震が発生、いわき(福島県)で行われたあと東日本大地震が発生、苫小牧沖で行われたあと、北海道地震が発生していることを根拠にCCSプロジェクトと無関係と言い切れるのか検証が必要との見解を示している。

Category : 災害

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA