食品

福島原発から20km圏内の海域で採取のクロソイ出荷自粛へ

Written by  on 6月 5, 2019

NNHの報道によると福島原発から20km圏内の海域で、東電が行っている調査で、5月28日に採取されたクロソイという魚から、福島県漁連が設けた自主基準を超える放射性物質が検出され、安全が確認できるまでの間、クロソイの出荷を自粛することになったという。おととしの出荷制限解除後、自主基準を上回るのは今回が初めて。

ブロンコビリーがウルグアイ産牧草牛『熟成サーロインステーキ』の提供を開始

Written by  on 6月 4, 2019

株式会社ブロンコビリー(本社=愛知県名古屋市)が、5月27日より、全136店舗で今年19年ぶりに輸入解禁となったウルグアイ産の牧草牛を使用した『サーロインステーキ』の提供を始めた。
穀物ではなく、牛本来の食べ物である牧草のみを食べて育った牛はグラスフェッドビーフ(牧草牛)と称され、ヘルシーな牛肉として注目を集めている。

牧草を食べて育った牛を南米ウルグアイから50日~60日かけてゆっくり運び熟成。
部位は「サーロイン」。
-link
https://www.bronco.co.jp/shop

KIRIN ファイア ワンデイ ブラック 600ml 6週間で1,500万本の大ヒット

Written by  on 5月 29, 2019

600mlながら138円と安いペットボトルコーヒーKIRIN ファイア ワンデイ ブラック 600mlを少しだけ試飲してみました(2019/5/28)。薄い味で、ブラック独特の苦味が抑えらており、以下の口コミ通り、まさにゴクゴク飲める感じです。製造メーカーはキリンビバレッジ、無糖、直火仕上げ。製造所固有記号が賞味期限の後に記載されている。

このペットはCLで千葉県富里市(https://safety.kirin.co.jp/shared/css/common.css)

「KIRIN ファイア ワンデイ ブラック ペット600ml」 の評価・クチコミbyもぐなび-mognavi

薄いのでゴクゴク
苦みも酸味もなく、すっきりっちゃすっきり。 薄いのでごくごく飲める感じです。 濃いめ苦めの商品が多いので、これだといつでも飲める感じでいいかも。 たっぷり入って78円。 常…
もも2019/05/26
独特の風味
自販機で大容量600mlながら120円という安さにて購入しました。甘さを抜いた黒糖のような、香ばしい系の独特の風味がしました。 純粋なアイスコーヒーを飲みたい時には、雑味と紙一重かな。 豆を挽…
ペリカ2019/05/16
香料がきつい
おすすめの通り常温で飲んでみました。 すっきりした喉ごしのいいコーヒーです。 酸味が少なくて飲みやすい。 ただ香料がきついですね。 飲んでいるうちに匂いがツンと鼻につくようになり、…
めいんくーん2019/05/08
ペットボトルのブラックで初めて美味しい…
ファイアの缶コーヒーを飲んだことはなかったんですが、スリムなボトルとLINEポイントにつられて購入(笑) でも一口飲んでみてびっくり。ペットボトルのブラックコーヒーにありがちな「ボトル臭」やきつ…

キリンビバレッジが今年の4月2日から全国で発売している「キリン ファイア ワンデイ ブラック」(600mlPET/138円)は、1本で満足できる600mlの大容量ペットボトルコーヒーと銘打ち発売、発売から6週間で早くも1,500万本を突破しているという。(209/5/13時点)

ばら寿司とは

Written by  on 5月 16, 2019

ばら寿司の起源
「ばらずし」は岡山県の特産物を使った料理。
江戸時代、備前岡山の大名だった池田光政は、「食事は一汁一菜とする」というお触れを出した。
そのため、この令に反発しごちそうを食べたい人々は、魚、野菜等を目立たぬようコメの下に隠して混ぜて、見た目は一汁一菜を装いつつ、中はたくさんの具が入った料理である「ばらずし」を生み出した。
「ばらずし」に入れる食材はさまざまでアナゴ、エビなどの魚介類や、タケノコ等の野菜を入れることも。

現代の「ばら寿司」は見た目も豪華

多くの具が酢飯を覆い、華やかな見た目。

[WTO上訴審]韓国が実施の福島県など8県産の水産物輸入禁止措置を不当とした日本の訴えを破棄

Written by  on 4月 12, 2019

WTO(世界貿易機関)の紛争処理の二審に当たる上級委員会は4月11日、韓国が実施している福島県など8県産の水産物輸入禁止措置を不当とした一審の紛争処理小委員会の判断を破棄し日本側が敗訴となった。


韓国は2011年の原発事故後、規制を実施、2013年に青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の8県で水揚げ、加工された水産物を全て輸入禁止とする措置を断行。日本は反発しWTOに提訴。一審に当たる紛争処理小委員会は昨年2月、禁輸は「不当」とし是正を勧告すると。、韓国側は不服として上級委員会に上訴していた。
その判決が今回の破棄(WTO上級委員会は、韓国が実施している日本産の水産物の禁輸について不等ではないと容認した。)であった。

じゅうじゅうカルビでО157による食中毒 2月25日より全店舗の営業停止 

Written by  on 2月 27, 2019

すかいらーくの傘下企業トマトアンドアソシエイツが運営する焼肉レストラン じゅうじゅうカルビの一部店舗で、腸管出血性大腸菌О157による食中毒が発生したため、全国の61店舗で2月25日から営業を停止したと、すかいらーくが発表した。

2月8日(金)から2月12日(火)にかけて来店した顧客より、下痢・嘔吐等の症状があったとの連絡が寄せられており、一部の顧客にO157による症状が確認されているため、現在保健所の指導の下に調査中とのこと。

すかいらーくrelease

[日EU戦略的パートナーシップ協定]白眞勲参議院議員「チーズが増えて、柿ピーが減る」

Written by  on 12月 7, 2018

2018年7月に署名された日EU戦略的パートナーシップ協定について、立憲民主党の白眞勲参議院議員が、国内がヨーロッパからの輸入チーズだらけになり、酒のつまみにチーズが増えて、「柿ピーが減る感じになっちゃう。」と柿ピーを製造している煎餅業者が大変な影響受けると危機感を表明した。


東日本大震災後、白眞勲議員が当時所属していた民主党の仲介で柿ピーを製造している亀田製菓と「辛ラーメン」で知られる韓国の食品メーカー農心が開発提携したため、心配しているのでは?との説が流れている。

11月29日「1129(いい肉)の日」に合わせ、全国のステーキ店や牛丼チェーンなどでキャンペーン

Written by  on 11月 29, 2018

11月29日「1129(いい肉)の日)」に合わせ、全国のステーキ店や牛丼チェーンなどでキャンペーンが行われている。
「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」では、3種類の肉(「牛カルビ」「牛小腸」「豚カルビ」)贅沢に使用した「すたみなマンモス焼肉丼」を11月29日から期間限定で全国の店舗で発売する。

ステーキ宮では、11月29日まで男性2,980円、女性2,580円でステーキ食べ放題(90分)企画を開催。

バーガーキングは11月29日から12月2日の14時から17時の時間帯限定で「いい肉爆盛り感謝祭」を実施。直火焼き100%ビーフを大幅増量した期間限定メニューを提供する。

高カカオチョコレート毎日25g摂取で肝機能の数値が改善

Written by  on 11月 28, 2018

年齢を重ねると急激に下がり始める代謝効率。代謝効率が下がると体に脂肪が蓄積され、高血圧や動脈硬化などを引き起こしやすく病気になるリスクが高まってしまいます。
11月28日放送のアサイチ(NHK)では、代謝の要となる肝臓に注目。高カカオチョコレートを毎日食べることによる肝臓ケアの方法が紹介された。
高カカオチョコレート1日約25グラム程食べると肝機能の数値が改善され、代謝が上がり痩せられるとのこと。
11月27日に食品大手の明治が日本初のチョコレート摂取による大規模研究を行い、高カカオチョコレート摂取が動脈硬化や認知機能にかかわる生体指標を改善することを確認したと発表したばかり。
この実証研究は、45〜69歳までの347人に、1カ月間、カカオポリフェノールを多く含む高カカオチョコレートを毎日25グラム摂取してもらい、摂取前後の血圧や血液成分などの身体の状態の変化を検証したもの。

試験期間:
2014年6月〜7月に、カカオ含有量72%の高カカオチョコレートを4週間1日25g摂取
結 果:
チョコレートの摂取前と摂取4週後の検査結果を比較した結果、以下の点が認められました。
血圧が低下(血圧が高めの人ほど、正常な血圧の人より血圧が低下)
善玉コレステロール(HDLコレステロール)が上昇
動脈硬化の検査などに使われる炎症指標(hs-CRP)と酸化ストレス指標(8-OHdG)が低下※1
※1:数値が第3四分位(高めの人の上位4分の1)以上の人で低下を確認
精神的にも肉体的にも活動的※2になった
※2:アンケート調査による結果
血中BDNF(脳由来神経栄養因子)※3が上昇
※3:BDNFは、うつ病やアルツハイマー型認知症、記憶・学習などの認知機能との関連性が報告されている
株式会社 明治|2018/11/27

「福島のお魚を食べようエリア」が開設され、「常磐もの」と呼ばれる福島沖で獲れた魚介料理のPR(ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル)

Written by  on 11月 27, 2018

東京 大分で福島産水産物のPRイベント
11月23から25日に東京で開かれた「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2018~全国魚市場&魚河岸まつり~」で原発事故からの復興に取り組む福島県の漁業と水産業を応援する「福島のお魚を食べようエリア」が開設され、「常磐もの」と呼ばれる福島沖で獲れた魚介料理のPRが行われた。


10月には大分市で2011年に起きた福島原発事故の影響が続く福島県内の水産業をテーマにした講演会が開かれ、福島県漁業協同組合連合会災害復興プロジェクトチームの八多宣幸リーダーが「ふくしまの漁業は今」と題して講演。
「独自の厳しい出荷基準を設けて安全性を確認しているが、不安に感じる人が多いのは課題。店頭で福島の水産物を見つけたら、安心して手に取ってほしい」と呼び掛けた。
via 大分合同新聞