元巨人 鈴木康友氏(59) 2017年に前白血病に罹るも回復 池江璃花子選手も「絶対に治ります」とエール

   on 2月 13, 2019 

プロ野球の巨人、西武などで選手、コーチとして活躍していた鈴木康友氏(59)がニッカンスポーツのインタビューに答え、
四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスのコーチを務めていた2017年の夏に、
“前白血病とされる血液の難病「骨髄異形成症候群」と診断されたが、2018年3月に赤ちゃんのへその緒から採った血液を使う臍帯血の移植を受け、順調に回復”
立教新座高の臨時コーチを務めるまでになったことを明かし、12日に白血病を公開した競泳の池江璃花子選手(18)に対し、絶対に治るとエールを送った。

ニッカンスポーツ

日刊スポーツ

今年に入ってからはJ SPORTSの解説も務めているとのこと。

公式youTubeチャンネル徳島インディゴソックス球団

Category : スポーツ

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA