「第60回日本レコード大賞」乃木坂が「シンクロニシティ」で大賞、欅坂が小林由依がセンターを務め「アンビバレント」を披露

   on 12月 30, 2018 

東京・新国立劇場で12月30日午後5時30分より開催の「第60回日本レコード大賞」(主催日本作曲家協会)に、乃木坂46、欅坂46が出演、乃木坂が「シンクロニシティ」、欅坂が「アンビバレント」を披露した。

白石麻衣|第60回日本レコード大

白石麻衣|第60回日本レコード大


「シンクロニシティ」は乃木坂46の20thシングル。センター白石麻衣が歌い終わる際に見せるキメ顔が見どころ。

乃木坂46「シンクロニシティ」でレコ大連覇


審査の結果、「シンクロニシティ」が今回の大賞を受賞した。昨年の「インフルエンサー」に続いて2年連続の受賞。
「アンビバレント」は欅坂46の7thシングル。デビュー・シングルから7作連続でセンターを務めた平手友梨奈が「仙腸関節不安定症」と「遠位橈尺(とうしゃく)関節痛」のため休養中のため、今回は小林由依がセンターを務めた。

Category : 未分類

Tags :

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA