元女子バレーボール日本代表稲葉香菜子さんが死去

   on 10月 20, 2019 

元女子バレーボール日本代表稲葉香菜子さんが10月13日に病気により死去したと所属事務所の株式会社エールが15日発表した。享年38歳。


弊社所属講師 稲葉香菜子(旧姓内藤)儀 かねてより病気療養中のところ
10月13日38歳にて永眠いたしました。
ここに生前のご厚誼を感謝申し上げますとともに、謹んでお知らせいたします。

山梨県甲府市出身。2001年から女子バレーボールチーム武富士バンブーで活躍。2009年にNECレッドロケッツに移籍。2012年に引退後は講演会、解説などで活躍していた。

Category : スポーツ

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA