競泳女子の池江璃花子選手(18)が「白血病」を公表 中川翔子が骨髄バンクドナー登録を呼びかけ

   on 2月 12, 2019 

競泳女子の池江璃花子選手(18)が2月12日、自身のTwitterで体調不良でオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」と診断されたことを公表した。
日本選手権の出場は断念し、治療に専念するという。


池江璃花子(いけえ りかこ)選手は東京都江戸川区出身の18歳。

競泳・池江璃花子選手 新作水着で飛躍を誓う!

池江璃花子選手が白血病を患っていることを告白したことを受けてタレントの中川翔子が2月12日、自身のTwitterを更新、骨髄バンクのドナー登録を呼びかけた。
中川の父で歌手の中川勝彦さんは急性骨髄性白血病で1994年に32歳で死去している。

自らも白血病の闘病経験のある俳優渡辺謙は2月12日、Twitterで「どんな状況かは分かりませんが、今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい。」とコメントした。

Category : 未分類

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA