中国に備蓄マスク120万枚のうちおよそ100万枚を発送した兵庫県に批判の声殺到

   on 2月 11, 2020 

新型肺炎の感染拡大を受け、兵庫県が姉妹都市の中国の広東省と海南省にマスク100万枚を送った。
今年1月末に在大阪中国総領事館を通し兵庫県に支援要請があり、県は災害に備えて三木総合防災公園に備蓄していたマスク120万枚のうちおよそ100万枚を姉妹都市の中国の広東省と海南省に送ることを決定したという。

兵庫県が中国にマスク100万枚発送 新型コロナウイルスの感染拡大受け

現在、日本国内ではマスク品薄状態が続いており、兵庫県内でもある病院でマスク不足により病院機能停止の危機となっている事態のため、県民を優先せず、120万枚のうち100万枚ものマスクを中国に送った兵庫県の対応に批判の声が殺到している。

MBS毎日放送

MBS毎日放送

兵庫県の公立豊岡病院では、現在、マスク入荷の見通しは立っておらず、2週間で無くなるおそれがあるといい、このままでは病院機能が停止する可能性があるといいます。

Category : COVIDsecurity災害

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA