台風19号で断水 山北町独自の自衛隊給水支援に神奈川県が難色 給水車3台の水が捨てられる

   on 10月 16, 2019 

台風19号で断水が発生した神奈川県山北町で、自衛隊給水車に、県が「待った」をかけ、水が捨てられるという事態発生

12日夜、台風19号は神奈川県を直撃し、山北町で断水が起きた。
町は、約20キロ離れた駒門駐屯地の陸上自衛隊に「翌日、給水車を要請するかもしれない」旨連絡していた。
13日朝4時に、自衛隊から「県知事から防衛相に自衛隊の派遣要請をする必要があります。町は県に依頼してほしい。自衛隊としては、給水車3台を午前6時に出発させます」と連絡があった。
早速、町の防災課が県に依頼すると、マニュアルを盾に難色を示した。県のマニュアルによれば、自衛隊の派遣要請は、どうしようもなくなった時の最終手段だが、山北町の状況は該当しないというのだ。

その後、給水車3台は午前7時前に町に到着。県と町で押し問答が続き、県は最後まで首をタテに振らず、給水車3台の貴重な水は捨てられたという。
via ニフティニュース

Twitterより
#神奈川県 は #山北町 を見捨てたね。 #黒岩知事 はクビ💢
とらっきぃ@trakkeytrakkey

話題の山北町の件、もし本当ならば隊を動かす判断した人や隊の上の人は罰せられるんだろうか… 正式な要請なく動いた事になるし…確かに命令系統が崩れて人道的配慮による感情で動いたって事になるんだろうけど… モヤモヤする…モヤモヤするけど…大人数を動かす組織としては仕方ないのか…モヤモヤ…
輝羅@チビさま籠城モード@Kira_Takarai

Category : 災害

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA