安全地帯ドラム担当の田中裕二(62)が脳内出血で入院

   on 11月 10, 2019 

ロックバンド安全地帯が11月8日、公式サイトで、ドラム担当の田中裕二(62)が脳内出血で入院していたと発表した。
11月16日に予定されていた甲子園球場でのライブにに参加すべく、病気療養、リハビリをしていたが、出演することができないと判断。ライブは残りのメンバー(玉置浩二、矢萩渉、武沢侑昂、六土開正)4人で開催するという。
ご報告と題したメッセージの中で

「安全地帯メンバーのドラム田中裕二ですが、甲子園公演が決定した数ケ月後、
脳内出血を発症し入院いたしました。

今回の甲子園球場ライブに参加すべく、病気療養、リハビリをギリギリまで頑張っておりましたが、
残念ながら出演することが出来ないとの判断を下しました。」
https://saltmoderate.com/news/index.html#01197

と報告した。

Category : 芸能音楽

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA