元バラドル 堀越のり(37) 休業の理由はガン闘病だったと明かす

   on 11月 10, 2019 

懐かしのスターが驚きの近況を報告するテレビ東京の番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)の11月7日の放送では、約7年ぶりに元バラドル堀越のり(37)がテレビ東京に出演、沈黙していた休業の理由について報告した。
堀越はホリプロのオーディションでグランプリを獲得し、16歳だった1999年に「優香の妹」としてデビュー。
その後、バラエティーを中心に活躍していた。

2011年からテレビで見かけなくなる 

テレビ東京

テレビ東京

2011年に歯科医師と結婚。その後、テレビでは見掛けなくなり、夫を支えるために休業しているものと思われていたが、本当の理由はガン闘病だった。
実は、31歳の時に子宮頸ガンの検診で引っ掛かり、治療のため事務所を退社したというが、心配をかけたくなかったためガンのことは公表しなかった。
現在では、ほぼ寛解したという堀越は
「いろんな治療法があるんだよ、と伝えられたらいいと思います」
と病を番組内で公表した。

Category : 芸能

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA