心筋梗塞で倒れ入院していた映画監督園子温氏(57)が2月21日退院

   on 2月 21, 2019 

心筋梗塞と診断され、手術を受けた映画監督の園子温さん(57)が21日、東京都内の病院を退院した。所属事務所が同日発表した。事務所によると、術後の経過は良好で、今後も映画監督を続けるという。
(共同)

2月7日に心筋梗塞で倒れ入院していた映画監督園子温氏(57)が2月21日、退院したと所属事務所が発表した。
園子監督は「関係者の皆様には多大なるご心配をお掛けしましたが、無事、退院することとなりました。関係者はもとより、私の作品を愛して下さる国内外の方々から激励のメッセージを頂き、感謝申し上げます。健康に留意し、これからも、作品をつくり続けますので、ご期待下さい。」
とのコメントを発表した。

Category : 芸能

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA