即位礼正殿の儀の直前 皇居を跨る様に虹かかる 百田尚樹氏『日本人の多くが天照大神の存在を見た。』

   on 10月 22, 2019 

10月22日の東京都内は午前中、雨が降っていたが「即位礼正殿の儀」が行われる直前に雨が上がり、皇居を跨る様に虹が架かかり話題に。

台風20号が消滅し、儀式の間、雨が止んで晴れ、虹がかかった今回の現象に作家百田尚樹氏はTwitterで、
『私は神秘論者ではない。
しかし即位の儀の始まりとともに雨が晴れ、東京に大きな美しい虹がかかったというのは、人知を超えたものがあるとしか思えない。日本人の多くが天照大神の存在を見た。』
『これほど美しい虹が偶然に起こるはずもない。
天が新天皇の即位を寿ぎ、日本を祝福しているのだ。』
とコメント。

Twitterより
日本の天皇って象徴としてるけど やっぱり特殊なのかもしれんね 晴れるし虹出るし(ΦωΦ)
kame3@andprinne

儀式に合わせて、雨が止み、虹がかかった。ほんとだ。神話だ。
まいみー@h_cotoro

いつか孫が大きくなった時に、令和の即位礼正殿の儀は降り続いた雨が止んで虹がかかったって教えてあげよう。 ・・・って、孫どころか子どももいてへんわ。 てか、結婚すらしてなかったわ。 伝える人がおらんかったわ。
雪印@jagaimo818

Category : 政治

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA