元乃木坂衛藤美彩 西武源田壮亮選手との交際認める「確かに、今月からお付き合いをさせていただいております。」 

   on 4月 12, 2019 

先月末に乃木坂46を卒業した衛藤美彩(26)と、プロ野球・西武ライオンズの源田壮亮選手(26)が交際していることが、4月12日、週刊新潮の取材で分かった。
新潮によると、野球ファンとして知られる衛藤が、キャスターとして源田選手にインタビューをしたことがキッカケで知り合い、今月から交際を始めたとのこと。
2人は1993年生まれの同い年で、生まれも育ちも大分市ということで共通の地元話で意気投合したのでしょうか。

衛藤は2011年7月に「ミスマガジン」でグランプリを受賞。翌年8月に乃木坂46の1期生オーディションに合格。デビュー後2年間は不遇だったが、2014年7月の9thシングル「夏のFree&Easy」からは選抜に定着、以降中心メンバーとして活躍してきた。
源田選手は、トヨタ自動車から2016年10月に埼玉西武ライオンズに入団。遊撃手の新人としては史上初となる開幕から全試合フルイニング出場を果たし、2017年のパ・リーグの新人王に、2018年にはゴールデン・グラブ賞を受賞している。

交際について、出演中のミュージカルの仕事を終えた衛藤に新潮が直撃すると、
「確かに、今月からお付き合いをさせていただいております。交際前に2人でお会いした時も、一緒にローカルCMの曲を歌ったり、小さい頃、同じ時期に地元のプールに行っていたことが分かって盛り上がったり。お話していると、彼の落ち着いた性格が自分を穏やかにしてくれて、芸能人じゃない衛藤美彩でいられることに気持ちが楽になりました」(衛藤美彩)
と認めている。

源田選手は衛藤の立場を慮って、乃木坂46を卒業するのを待った上で、想いを告げたという。
「シンプルに『真剣に付き合ってほしい』と言葉にしてくれました。私は『ハイ』と。付き合い始めたばかりですし、結婚などはまだ考えていません。彼が1日でも長く、プロ野球選手としてプレーができるように支えていけたらと思っています。彼のほうも、私の肩に力が入っていると、『頑張りすぎんのでー』と大分弁で気遣ってくれたりと、支えてくれている。お互い無理をしない関係が続けば良いなと思っています」(衛藤美彩)
via デイリー新潮

源田選手といえば、以前同僚の金子選手とのイイ関係が地上波で流れたことによってネットがざわついたこともあった。

Category : 芸能

Tags :

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA