ばら寿司とは

   on 5月 16, 2019 

ばら寿司の起源
「ばらずし」は岡山県の特産物を使った料理。
江戸時代、備前岡山の大名だった池田光政は、「食事は一汁一菜とする」というお触れを出した。
そのため、この令に反発しごちそうを食べたい人々は、魚、野菜等を目立たぬようコメの下に隠して混ぜて、見た目は一汁一菜を装いつつ、中はたくさんの具が入った料理である「ばらずし」を生み出した。
「ばらずし」に入れる食材はさまざまでアナゴ、エビなどの魚介類や、タケノコ等の野菜を入れることも。

現代の「ばら寿司」は見た目も豪華

多くの具が酢飯を覆い、華やかな見た目。

岡山ばらずし|味の素パークの【レシピ大百科】

Category : 食品

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA