元赤軍派議長で評論活動もしていた塩見孝也(しおみ・たかや)氏が11月14日、心不全のため東京都小平市の病院で亡くなった。76歳。
1969年に共産同赤軍派を結成して議長に就任、赤軍派メンバーが日航機をハイジャックし、北朝鮮に渡った「よど号事件」を計画した首謀者として懲役18年の実刑判決を受け東京・府中刑務所で獄中生活を送った。

近年は「銀河の会」を主催。「安倍政権打倒」などをスローガンに政治活動を展開していた。
ameblo.jp/gingakai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA