[札幌の丘珠空港でハイジャック想定訓練]有事の際の連携法や犯人確保手順を確認

Written by  on 7月 7, 2015 

JNN,2015/07/06

札幌の丘珠空港で7月6日、本番さながらの緊迫感でハイジャックやテロなどを想定した訓練が行われました。

訓練は、刃物を持った2人組の男が丘珠空港の一般客が利用する保安検査場などに侵入し、ハイジャックを企てたという想定で行われ、警察官や空港職員などおよそ30人が参加し、緊迫した雰囲気のなか、有事の際の連携の仕方や犯人を確保する手順を確認しました。

-最近行われたテロ想定訓練-
警視庁の特殊部隊と衛視による初の「国会テロ対策合同訓練」
自衛隊が各都道府県警と連携し、治安出動を想定した訓練

Category : 警備

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA