web

ニコ生配信の真聖(まさき)さんが死去

Written by  on 2月 9, 2016

真聖(まさき)の名でニコ生配信 ゲーム配信等 ジャック放送を行っていた真聖 瞬さんが亡くなったという。
twpro:deep_masaki

MMDで静画の選手権などを開催されていた菫-sumire-さんが死去

Written by  on 12月 10, 2015

MMD静止画・フォトジェミック職人の集いのコミュニティオーナーをされていたMMDer 菫-sumireさんに死去の報。

ライター石川 洋さんが急逝 『ハロプロまるわかりBOOK』制作者

Written by  on 12月 5, 2015


2013年1月6日に53歳で病死した石川洋氏(元NHKアナウンサー)とは同姓同名の別人物。
石川 洋
フリー編集者&ライター。フリー編集者、ライターとして様々な会社でムック本や写真集作成を行っていた他、メディアでのインタビューなどでハロプロと深い関わりを持ち「14章~The message~」初回盤のインタビュー、「ハロプロまるわかりBOOK」の制作で知られる。

ずっと更新してたツイッターが9月から更新ストップ
Twitter:twitter.com/YO_sann

神原元弁護士が人を「匹」と数えるツイート

Written by  on 12月 4, 2015

しばき隊(現C.R.A.C.)最初期メンバーと公言し、しばき隊メンバーと行動を共にしていることで知られる神原元弁護士が自身の価値基準でネトウヨと見なした人を匹と数えるツイート。

神原弁護士は新潟日報上越支社の報道部長が複数のユーザーに暴言を浴びせていた問題の告発者と知られる高島章弁護士から懲戒請求が出されている。

新潟日報、高島章弁護士中傷の坂本秀樹報道部長を解任処分

Written by  on 11月 26, 2015

しばき隊の一員である新潟日報上越支社の報道部長がツイッター上で、高島章弁護士に対し、「壇宿六」というユーザー名のアカウントで、誹謗中傷した事件は、新潟日報が、中傷する書き込みをしていた坂本秀樹部長(53)を25日付で報道部長の職を解き、経営管理本部付とする人事を決め、NHK始め、主要メディアが報道するところとなった。そんな中、フジテレビは津田大介氏が事件を解説、記者ならネット空間であっても実名で発信する方が望ましいとの考えから事件の原因を匿名利用にあげたが、新潟日報特別編集委員を務める中立とは言えない立場であることから、ネット上では、まずは謝罪すべきとの批判が出ている。

C.R.A.C.のbcxxxの個人情報が流出 会社を退職へ

Written by  on 11月 15, 2015

bcxxx @bcxxx 10:58 – 2015年11月14日
昨夜、社長との朝までの長い面談の末に、やはりこれ以上迷惑をかけるわけにいかないということで、
自分の一存で、長年勤めた会社を辞めることになりました。心配して下さった方もいらっしゃると思いますが、
残念ながらそういうことになりました。
https://twitter.com/bcxxx/status/665347973866393600

bcxxx @bcxxx 11:00 – 2015年11月14日
次はどうするかまだ決まってませんが、できれば何らかの形で、近い業種の仕事をしていければ
いいなと思っています。とりあえず引き継ぎ等があるので、当分は多忙が続きそうですが。
https://twitter.com/bcxxx/status/665348530827980800

「レイシストをしばき隊」(現C.R.A.C.)や首都圏反原発連合のメンバーとして活動していたbcxxxが11月14日、勤務先の会社を辞めることになったと報告した。bcxxx氏の本名、勤務先などの個人情報がWeb上に流出したことを受けたもの。
しばき隊関係者では「はすみしばきプロジェクト」に絡みセキュリティ企業エフセキュアに勤務していたMetalGodTokyoも最近、会社を退職に追い込まれている。
「はすみしばきプロジェクト」ではMetalGodTokyoが、漫画家はすみとしこ氏が公開したシリア難民を揶揄するイラストにイイネを押したフェイスブックユーザーをリスト化し公開。この行為がセキュリティ企業の社員が、他人の個人情報を大量流出させるとは何事だと大きな批判を呼ぶこととなり、エフセキュアが公式コメントを発表する事態にまで至った。
今回、退職に追い込まれたをbcxxxは「はすみしばきプロジェクト」に直接加担せず、距離を置いていた。
MetalGodTokyoは当初、「はすみリストでネトウヨの個人情報を晒してネトウヨどもを社会的に追い込んでやる」と息巻いていたが、結果的にブーメランとなり、しばき隊2人の個人情報が晒され退職に追い込まれることとなった。

F-Secureを辞めさせられたのは久保田氏だけで、その他は全員無事

Written by  on 11月 12, 2015

シリア難民問題のイラストで物議を醸した“はすみとしこ”氏のFacebookに「いいね」をした数百人の非公開情報も含む個人情報をネット上で無断公開した人物が在籍していたF-Secureについて、ツイッターのあるアカウントが、
「幸いなことに、F-secureを辞めさせられたのは久保田氏だけでその他は全員無事。残留組がネトウヨどもをしばき倒す。今度は非公開で処刑する」などと元社員と同様の性質を持った人物が現在もF-Secure社内にいることを匂わせる発言を行っている。(現在は削除)
fse

反安倍 闇のあざらし隊@MetalGodTokyoがはすみとしこ氏のフェイスブック投票者の個人情報を収集して公開

Written by  on 11月 4, 2015

しばき隊(現CRAC)で反安倍 闇のあざらし隊@MetalGodTokyoと名乗り活動していた人物が、
シリア難民を揶揄するイラストで話題になった漫画家はすみとしこ氏のフェイスブックにイイネ投票した人の個人情報を収集して公開、公開されたユーザーの勤務先に迷惑電話がかかるなどの被害がでている模様。


@MetalGodTokyoは外資系ネットセキュリティ企業に勤務していることが特定され、Twitterユーザーが社長に報告。この後、@MetalGodTokyoはアカウントを削除した。

米グーグル スローガン変更 Don’t be evil (邪悪になるな)をDo the Right Thing(正しいことを行え)に

Written by  on 10月 6, 2015

Don’t be evil (邪悪になるな)→Do the Right Thing(正しいことをやれ)
Googleは創業以来スローガンとしてDon’t Be Evil(邪悪になるな)を掲げてきた。しかし、米fortuneによると、再編により2015年8月にGoogleの親会社となったAlphabet(Google創業者ラリー・ペイジ氏がCEOに就任)が10月2日、社員向けに配信した新しい行動規では、Don’t Be Evil(邪悪になるな)が削られ、Do the Right Thing(正しいことを行え)が新たに書かれているという。

Google devotees have noticed at least one overt omission in the new ethics: “Don’t Be Evil,” the famous mantra cofounders Sergey Brin and Larry Page came up with before Google went public, is absent.
The new code of conduct has a close approximation of the philosophy—though perhaps more formally phrased—in the very first sentence of the preface: “Employees of Alphabet… should do the right thing – follow the law, act honorably, and treat each other with respect.”
fortune.com,OCTOBER 5, 2015

2001年3月から経営に参加しているエリック・シュミットGoogle会長は、以前からDon’t be evilについて、”悪” の定義、線引きが明確でなく、プロジェクトの邪魔になってしまうと話ていた。

ハッカー“ウラジミール”氏が急死 『サイバー北朝鮮』『チャイナ・ハッカーズ』の著者

Written by  on 9月 27, 2015

ロシア風のハンドルネーム、ウラジミール(Vladimir)を名乗り日本のネット黎明期から活躍していたウラジミール氏が8月30日急死した。
自宅に帰った家族が遺体を発見したという。司法解剖せずに荼毘に付した模様で、今のところ死因は定かでない。
中国、北朝鮮、アルカイダ系やブラジルの地下組織のサイト、果ては米国の情報機関にまで精通する希有なハッカーだったことから、急死の報は、瞬く間に日本の情報機関の間を駆けめぐり、様々な波紋を巻き起こしたという。
source:facta

ウラジミール氏は英語、中国語、朝鮮語などの語学力を生かし、海外ハッカーと交流。特に中国・韓国・北朝鮮のネット事情に精通しており、その知識を生かした『サイバー北朝鮮』(2003年)、『チャイナ・ハッカーズ』(2014)などを刊行している。