河野談話の事前調査で、日本側が証言を聞いたとされる慰安婦女性16人のうち14人が既に死亡しており、残りの2人は認知症にかかっていて記憶が曇った状態だという。

「河野談話証拠」日本政府 軍慰安婦被害証言聴取映像公開
聯合ニュース
2014.09.15
太平洋戦争犠牲者遺族会は15日、ソウル中区の韓国プレスセンターで記者会見を開き、1993年7月、日本政府代表団が軍慰安婦被害者の証言を聞く姿を記録した映像の一部を公開した。
この映像は1993年7月26日から5日間、当時の日本の首相府審議官と女性の人権委員、通訳などの代表団5人が龍山区遺族会のオフィスを訪問して故ギムボクソンさん、金学順さんなど慰安婦被害者16人の証言を聞く姿を撮影したものである。
当時の証言の参加者のうち14人が死亡なり、残りの2人も認知症などで記憶が曇った状態だ。 この日公開された映像は、15分間である。
source:media.daum.net(translate.google)

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA