倒産

(株)福家書店管財が特別清算開始決定を受ける 負債総額は20億5867万円 アイドルのサイン会などのイベントで有名

Written by  on 12月 4, 2018


「福家書店」を経営していた(株)福家書店管財が11月22日、東京地裁より特別清算開始決定を受けた。負債総額は20億5867万円(平成29年2月期決算時点)。前身企業から営業権を継承し事業を開始。東京都内や神奈川県など約20店舗の書店を経営し、芸能人などのサイン会や握手会などイベントを行うことが強みで、平成21年2月期は売上高約46億3500万円をあげていた。しかし、29年2月期には1億690万円の赤字を計上し債務超過に陥っていた。29年11月1日、会社分割で(株)福家書店に当社の書籍の出版、販売事業を承継。同日、(株)福家書店から現商号へ変更し30年8月31日、株主総会の決議により解散した。
(東京商工リサーチ)
事業を承継した(株)福家書店は『福家書店』の経営を継続中。
大手芸能事務所バーニングプロダクションの周防郁雄社長が社長に就任し、芸能人のサイン会や握手会をはじめとする各種イベント開催で知られていた。
7月29日 福家書店限定 武田玲奈イベント終了後コメント