『第69回NHK紅白歌合戦』に米津玄師が初出場 生中継で「Lemon」を歌唱 生トークも話題に

Written by  on 12月 31, 2018

米津玄師が、12月31日放送『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に白組として初出場、ふるさとである徳島県の大塚国際美術館から生中継で「Lemon」を歌唱。歌唱後、「初めての紅白、引き込まれる演出でした」という白組司会桜井翔のコメントに、「この場を用意していただいた全ての方に感謝の気持ちを述べたいと思います。どうも本当にありがとうございました」と応えた。

今回の米津玄師出場の件について、一部ネットメディアがサザンオールスターズが激怒しているとの記事を掲載したが、サザンの公式Twitterがこれを否定。
桑田は数年前から米津を評価し、ラジオでも曲をかけているとのこと。

米津玄師の紅白出場にあの大物歌手が大激怒!? 業界有力者もブチ切れ「ベテランたちが拒否反応で批判…」

大トリの嵐の後に、平成最後の紅白を締めくくるグループとして「勝手にシンドバッド」「希望の轍」の2曲を歌うサザンの関係者も、米津のことを面白く思っていない。
「サザンのスタッフは、サザンが一番でないと気が済まない面がある。昨年、桑田圭祐がソロで出た時も、とっくに決まっていたにもかかわらず、安室奈美恵の出場が決まった後に発表した。安室よりも桑田の方が格上だからという理屈だ。今年も出場する代わりに特別枠で最後に2曲歌唱という条件をNHKに認めさせた。主役になるはずだったが、話題を後出しの米津にかっさらわれてしまったことに、不満を持っている」(NHK関係者)
https://tocana.jp/2018/12/post_19269_entry_2.html

反捕鯨活動家 ラグビーワールドカップ(2019)や東京オリンピック(2020)のボイコット呼びかけ

Written by  on 12月 31, 2018

日本政府がIWC(国際捕鯨員会)から脱退し、来年7月から商業捕鯨を再開すると正式に表明したことを受けて海外の反捕鯨活動家が日本が2019年7月からの商業捕鯨をやめない限り、日本で開催される予定のラグビーワールドカップ(2019)や東京オリンピック(2020)をボイコットしようという呼びかけを始めている。
日本がイルカとクジラの狩猟をやめない限りボイコットしようというWeb署名もスタートしており、こちらは現時点で9,685名の署名(2018年12月31日時点)が集まっている。

また、BBCの番組でも特集が組まれ、海洋保護活動家が呼びかけ。

HYDE ニュー・シングルZIPANG(HYDE feat. YOSHIKI)の新しい発売日が2019年2月6日に決定

Written by  on 12月 31, 2018

ユニバーサルミュージックが発売延期となっていたニュー・シングルZIPANG(HYDE feat. YOSHIKI)の新しい発売日について、2019年2月6日と決定したと発表した。デジタル配信のスタート日も同日となる。当初は、12月26日に単曲先行配信、2019年1月23日にシングル発売予定だったが製作上の都合で延期となっていた。

HYDE feat. YOSHIKI
「ZIPANG」
2019年2月6日(水)発売
デジタル配信同日開始
[CD収録内容]
M1. ZIPANG(Japanese Version)
M2. ORDINARY WORLD(Duran Duranのカバー楽曲)
https://www.universal-music.co.jp

HYDE 芸名HYDEの由来は本名HIDETOからと語る 和歌山出身を公表していなかった理由(わけ) も明かす
「ZIPANG」にはピアニストとしてX JAPANのYOSHIKIが参加している。HYDEは来年1月に予定されている故郷和歌山のビックホエールでのライブを控え、テレビ和歌山の番組に出演し、お笑いコンビわんだーらんどと対談、これまで和歌山出身であることを積極的に公表していなかった理由や芸名の由来について明かしている。

対談の中でHYDEは、これまで和歌山出身であることを積極的に公表していなかったことについて、
『Yoshikiさんも非公開なんですけど、そういうアーティストに憧れてきたので、出身から年齢から何もかも言いたくなかった』
『そういうつもりで言ったのに、和歌山出身て言うのが恥ずかしいからじゃないのとか言われて、ホント悔しかった』
と語った。

芸名HYDE 土入(どうにゅう)の地名 それを逆に呼んで入土(ハイド)という都市伝説を否定

また、芸名HYDEの由来について、和歌山市にある土入(どうにゅう)という地名を逆に呼んで入土(ハイド)としたという都市伝説があるがと問われると、『まったく関係ないですね。』と否定し、由来については本名のヒデト(HIDETO)を基にHYDEにしたと明かした。

[2億円事件]幸楽苑ホールディングス(福島県郡山市) 12月31日15時から1月1日終日の休業決定

Written by  on 12月 31, 2018


ラーメンチェーンの幸楽苑ホールディングス(福島県郡山市)が2018年12月31日の朝日新聞等の朝刊に「2億円事件」と題した全面広告を掲載、社長のメッセージを掲載した。
「いつからでしょうか。お正月にいろいろなお店が営業するようになったのは。私たち幸楽苑も、いつしか年中無休のらーめんチェーン店を売りにしていました」しかし、
「サービス業で働くことは、みんなが休む日に働くことではありません。働く人にも家族がいて、みんなに等しくお正月はやってきます。」
「働き方改革を、お正月にも」
との思いから、1月1日の売り上げは「2億円」にのぼると予想されるが、全国の幸楽苑全店を休業とすることを決めたとのこと。
休業は12月31日15時から1月1日終日。

東京医科大学医学部の不正入試問題で、OBの赤枝恒雄元衆議院議員が同窓生の子どもを合格させるよう臼井前理事長に依頼と証言

Written by  on 12月 31, 2018


12月29日の東京医科大学の不正入試に関する調査報告書で、入学試験に際して国会議員から受験生に関する依頼があったと記載されていた問題で、赤枝恒雄元衆議院議員(議員時代は自民党所属)がテレビ朝日の取材に対し、同窓生の子どもを合格させるよう臼井前理事長に依頼したと認めた。

赤枝元議員は東京医科大学出身で1977年設立の赤枝六本木診療所産婦人科の院長。2008年に亡くなった元タレント飯島愛さんの生前の主治医で、飯島さんの最後の公の場での姿は、亡くなる10日程前の2008年12月6日に、栃木県宇都宮市で催された赤枝医師とのストップエイズのトークショーだった。

 

福島県下郷町の町民がKing&Princeの平野紫耀にドッキリ 池に飛び込みスタッフ救出も

Written by  on 12月 31, 2018

内村光良、チュートリアル、羽鳥慎一がMCを務める特番「うわっ!ダマされた大賞 2018年末4時間半スペシャル」(日本テレビ系が、2018年12月30日18:30〜22:54にで放送され、King&Princeの平野紫耀が出演。
番組では福島県下郷町の町民が平野に町ぐるみでドッキリを仕掛けた。


仕掛け人がめまいで倒れ、池に落ちるというドッキリ。その後、平野は、自ら池に飛び込んで男性の元へ駆け寄り体を抱えて軽々と地上まで運ぶ姿にネット上では称賛の声が多数寄せられた。
『まるで池に入っちゃったボールでも拾ってるのかぐらい軽々と成人男性を抱き上げる異次元のパワーにときめかずにはいられなかったよ……』
『あまりにも軽々ひょいっと持ち上げちゃうからお人形さんかと思っちゃった』
『ドッキリで気を失った(ふりをする)お兄さんを池の中にザブザブ入って軽々持ち上げる平野紫耀に恋した』

「第60回日本レコード大賞」乃木坂46「シンクロニシティ」が大賞受賞

Written by  on 12月 30, 2018

「第60回日本レコード大賞」(主催日本作曲家協会)の最終審査会が12月30日、東京・新国立劇場で開催され、ノミネート作品である優秀作品賞の中から、乃木坂46が「シンクロニシティ」選ばれ大賞を受賞した。昨年の「インフルエンサー」に続いて2年連続の受賞。
今回、ノミート対象となったのは、欅坂46「アンビバレント」、三山ひろし「いごっそ魂」、TWICE「Wake Me Up」、SEKAI NO OWARI「サザンカ」、氷川きよし「勝負の花道」、乃木坂46「シンクロニシティ」、AKB48「Teacher Teacher」、三浦大知「Be Myself」、西野カナ「Bedtime Story」、DA PUMP「U.S.A.」の10曲。

「第60回日本レコード大賞」乃木坂が「シンクロニシティ」で大賞、欅坂が小林由依がセンターを務め「アンビバレント」を披露

Written by  on 12月 30, 2018

東京・新国立劇場で12月30日午後5時30分より開催の「第60回日本レコード大賞」(主催日本作曲家協会)に、乃木坂46、欅坂46が出演、乃木坂が「シンクロニシティ」、欅坂が「アンビバレント」を披露した。

「シンクロニシティ」は乃木坂46の20thシングル。センター白石麻衣が歌い終わる際に見せるキメ顔が見どころ。

乃木坂46「シンクロニシティ」でレコ大連覇


審査の結果、「シンクロニシティ」が今回の大賞を受賞した。昨年の「インフルエンサー」に続いて2年連続の受賞。
「アンビバレント」は欅坂46の7thシングル。デビュー・シングルから7作連続でセンターを務めた平手友梨奈が「仙腸関節不安定症」と「遠位橈尺(とうしゃく)関節痛」のため休養中のため、今回は小林由依がセンターを務めた。

「第60回日本レコード大賞」米津玄師が特別賞、最優秀アルバム賞を受賞、VTRにてコメント

Written by  on 12月 30, 2018


「第60回日本レコード大賞」(主催日本作曲家協会)が12月30日午後5時半より東京・新国立劇場で開催され、米津玄師が特別賞と「BOOTLEG」
にて最優秀アルバム賞を受賞。VTRにてコメントを寄せた。


米津玄師 4th Album「BOOTLEG」クロスフェード

「第60回日本レコード大賞」演歌歌手 辰巳ゆうと(20)が最優秀新人賞「下町純情」を熱唱

Written by  on 12月 30, 2018

今年で60周年を迎える音楽賞「日本レコード大賞」(主催日本作曲家協会)が12月30日午後5時半より東京・新国立劇場で開催され、今年1月にデビューした現役大学生の演歌歌手辰巳ゆうと(20)が最優秀新人賞に輝き、デビュー曲「下町純情」を熱唱した。演歌歌手の受賞は、2008年のジェロ以来、10年ぶり。