甲状腺がん ステージ4と診断され6月に引退した32歳騎手のドキュメンタリーが話題に

Written by  on 6月 27, 2018

ステージ4の甲状腺ガンと診断され、6月20日に中央競馬の騎手を引退した大下智氏(32)の最後のレースに密着したドキュメンタリー「もう1度、騎手になりたい。ガンと闘ったどん底ジョッキー」(関西テレビ)が6月23日深夜放送された。

2017年10月に、大下騎手に『甲状腺がん ステージ4』という衝撃的な事実が伝えられた。担当医からは、視力、声を失う可能性があると知らされた。入院、手術を経ながら『もう1度、騎手になりたい。』 との思いから今年5月のレースに出場した大下氏。大下氏が最後のレースで見た景色とは….
引退後は、闘病しながら池添学厩舎で調教助手となる予定とのこと。
(jra.jp/news/201806/061901.html)

脳梗塞で緊急入院のスターダスト☆レビュー根本要(61)が無事退院

Written by  on 6月 27, 2018

6月12日、脳梗塞が見つかり緊急入院していたスターダスト☆レビューのヴォーカル、ギター根本要(61)が24日、無事退院した事を公式サイトで報告した。
見つかったのは微小の梗塞だったため、今後の日常生活には特に制約がないとのこと。

森田童子(もりたどうじ)さんが4月に死去 66歳 「高校教師」主題歌「ぼくたちの失敗」(1976)がヒット

Written by  on 6月 12, 2018

「さよなら ぼくの ともだち」(1975)、「ぼくたちの失敗」(1976)がヒットするなど、1970年代にシンガー・ソングライターとして活躍し、1983年に引退し主婦として暮らしていた森田童子(もりたどうじ)さんが、4月24日に亡くなっていたことが分かった。享年66歳。
日本音楽著作権協会(JASRAC)の会報に、訃報が掲載された。死因は明らかにされていない。
via nikkansports.com
森田童子僕たちの失敗TBS系テレビドラマ「高校教師」主題歌。

1993年放送のTBSドラマ「高校教師」の主題歌に「ぼくたちの失敗」が起用され再ブームを呼んだ。
たとえばぼくが死んだら

映画版『高校教師』(1993)では『たとえばぼくが死んだら』が主題歌として起用された。

トランプ米大統領が10日夜、シンガポールに到着 12日に米朝首脳会談に臨む

Written by  on 6月 11, 2018

12日に史上初となる歴史的な米朝首脳会談に臨むため、ドナルド・トランプ米大統領が6月10日夜、シンガポールに到着した。


エアチャイナボーイング747で先に到着した金正恩氏はシンガポールのリー・シェンロン首相と会談し、謝意を表明。


 

「二度目の人生を異世界で」の放送が中止に 作者まいん氏の過去発言が問題に

Written by  on 6月 7, 2018

今年の10月から放送予定だったテレビアニメ「二度目の人生を異世界で」の放送が中止になったことが公式サイトで発表されました。
発表では

「二度目の人生を異世界で」アニメ化中止のお知らせ
アニメ化発表以来、一連の事案を重く受け止め、
本アニメの放送及び製作の中止をお知らせ致します。
みなさま、及び本作品の制作に関わった方々には多大なるご迷惑、
ご心配をおかけしました事、心よりお詫び申し上げます。
「二度目の人生を異世界で」製作委員会
http://nidomeno-jinsei.com

とコメントしている。
「二度目の人生を異世界で」をめぐっては、Twitterのユーザーが原作者まいん氏が過去にTwitterでヘイトスピーチを行っていたことを指摘し、追及、まいん氏側が認め、謝罪していた。
その後、騒動を受け、出演予定だった声優4人の降板が一斉に発表されていました。
まいん氏がしたとされるスピーチの一部はこちら。

まいん氏はツィートを削除してアカウントも閉鎖する予定とのこと。

たばこ吸うため席離籍2年間で440回(1日平均2回前後)の大阪府職員 依願退職へ

Written by  on 6月 6, 2018

たばこを吸うために、2年間でおよそ440回にわたって勤務中に職場を離れたのは地方公務員法で定められた職務専念義務に違反するとして、大阪府が40代の男性職員を訓告の処分にしていたとNHKが報じました。
処分を受けたのは、大阪府の健康医療部に所属していた49歳の男性職員。
大阪府は、ことし3月、「勤務時間中に席を離れてたばこを吸いに行っている」という情報提供を受けてこの職員の行動を調べたところ、大阪府庁の本館からおよそ150メートル離れた民間のビルの喫煙室に行っていたことが確認されたということです。
聞き取り調査に対して職員は「1日に2、3回行っていた。ストレスで吸いたくなったときに我慢できなくなった」などと話していたということです。
大阪府はことし4月16日付けで、訓告の処分にし、男性はその日に依願退職したということです。


メモ
この男性が150メートル離れたビルの喫煙室に行ってまでたばこを吸っていたのは、大阪府では10年前から当時の橋下知事の方針で、受動喫煙防止のため、庁舎の敷地内が全面禁煙になっているためです。