安倍総理 『就労を目的とした新しい在留資格を設け、即戦力となる外国人材を受け入れる』と表明

 on 11月 2, 2018 

安倍総理が10月24日、所信表明演説で、出入国在留管理庁を新たに設置すると共に、入国管理法を改正し、『就労を目的とした新しい在留資格を設け、一定の専門性・技能を有し、即戦力となる外国人材を受け入れる』と表明、これまで総理が否定してきた移民政策への転換と話題に。

安倍首相が所信表明演説 臨時国会召集

Category : 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA