社会

6月7日ノボテル甲子園で前田日明ゼミ第3回目がゲストにジャーナリスト田原総一朗氏を迎え約120人の聴衆が参集し行われた。 この対談が『紙の爆弾 2015年8月号』(鹿砦社)に掲載された。 前田氏は冒頭、前回ゲストの孫崎享 …

Continue reading 戦後レジームの正体を総括 田原総一朗×前田日明 

戦後の安全保障政策の分岐点となる安全保障関連法案が7月16日、衆議院の本会議で可決され、参院に送られた。 この日、国会前では札幌の『戦争したくなくてふるえるデモ』の主催者高塚愛鳥さんが駆けつけ、 「安倍聞こえるか!お前の …

Continue reading 『戦争したくなくてふるえる』の高塚愛鳥さんが国会前でスピーチ

安保関連で「子供たちを戦場に送るな」などとデモをしている教師たちに尾形総一郎さんが正論。 全国の教師と日教組へ。 自分たちの目の前の教育現場で 生徒を自殺から護れない教師たちが 「子供たちを戦場に送るな」 と言っている姿 …

Continue reading 自分たちの目の前の教育現場で生徒を自殺から護れない教師たちが「子供たちを戦場に送るな」

安倍首相が、必死で安保法案成立を目指す中、大学生らが安保法案反対を掲げて今年5月に「SEALDs」(自由と民主主義のための学生緊急行動)を結成した。 SEALDsは国会前はじめ各地でデモ、抗議活動を行なっており、これに安 …

Continue reading 安倍首相が目指す安保法案反対するSEALDsデモに参加した人たち

今国会で審議中の入国管理法改正、現行の入管法にはない罰則が新たに設けられており、7月9日からスタートした新しい在留管理制度と並び強力な内容となっているらしい。「偽りその他不正の手段により」上陸許可や在留資格変更許可等を受 …

Continue reading [入国管理法改正]「偽りや不正手段で」上陸許可や在留資格変更許可等を受けた場合、本人と弁護士,行政書士も処罰へ

茂木健一郎氏がイジメ問題で特論 岩手県矢巾町で、中学2年生の男子生徒がいじめを苦に自殺したと見られる件が社会問題になるなかで、脳科学者の茂木健一郎氏がイジメ問題で特論を述べた。 いじめを受けていた中学生が自殺するという痛 …

Continue reading 茂木健一郎氏がイジメ問題で特論 “「同級生とうまくやっていくことが望ましく、できないのは問題だとの意見は、完全に間違い”