ジョン・コーツIOC調整委員長 トライアスロンやマラソンスイミング(男女10キロ)等で「暑さ対策に課題が残る」と問題を提起

   on 11月 4, 2019 

国際オリンピック委員会のジョン・コーツ調整委員長が東京都に対し、競技会場を札幌市へ移す案が浮上している東京五輪のマラソンと競歩以外の競技について、トライアスロンやマラソンスイミング(男女10キロ)等で「暑さ対策に課題が残る」と問題を提起していたという。
via https://www.sankei.com/tokyo2020/news/191029/tko1910290007-n1.html

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長は、トライアスロンや馬術競技について、朝の早い時間に行う等の議論が行われていると発言。

In a joint press conference dominated by the decision to move marathon and race-walk events to Sapporo amid fears over extreme heat, Tokyo 2020 President Yoshirō Mori confirmed talks around other events.

“Discussions have been taking place over the times of competition for triathlon and equestrian,” he said.
https://www.insidethegames.biz/articles/1086529/tokyo-triathlon-equestrian-start-times

Category : スポーツ

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA