捕鯨

菅義偉官房長官 IWC(国際捕鯨委員会)脱退を表明 来年7月から商業捕鯨を再開

Written by  on 12月 26, 2018

菅義偉官房長官は12月26日の記者会見で、
『来年7月から商業捕鯨を再開することとし、国際捕鯨取締条約から脱退することを決定しました。』
と述べ、日本がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退することを正式に表明した。
捕鯨は日本の領海や排他的経済水域(EEZ)に限定し、南極海・南半球では行わず、鯨類の資源に悪影響を与えないようIWCで採択された方式により算出される捕獲枠の範囲内で行う方針。


菅義偉官房長官の談話
我が国は、国際捕鯨取締条約の下、鯨類の保存と捕鯨産業の秩序ある発展という2つの役割を持っていることを踏まえ、いわゆる商業捕鯨モラトリアムが決定されて以降、持続可能な商業捕鯨の実施を目指して、30年以上にわたり、、解決策を模索してきました。
しかしながら、歩み寄りは見られず、本年9月のIWC総会で、共存できないこが明らかとなり、今回の決断に至りました。
脱退の効力が発生する来年7月から我が国が行う商業捕鯨は、我が国の領海及び排他的経済水域に限定し、南極海・南半球では捕獲を行いません。また、国際法に従うとともに、鯨類の資源に悪影響を与えないようIWCで採択をされた方式により算出される捕獲枠の範囲内で行います。