ベッキー が『ゲスの極み乙女。』ライブを訪れ“出待ち”

2016年1月6日発売の週刊文春が、ベッキーとバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル、川谷絵音との交際を報じた。
文春は『出会いは昨年10月で川谷の結婚はファンにも伏せられていたため、ベッキーも知らなかったが、11月下旬に川谷の口から妻帯者であることを伝えた。』と伝えているが、それより前の7月の時点でベッキーが『ゲスの極み乙女。』のライブを訪れ、セクシーな恰好で出待ちをしていたことがわかった。
2015年6月ベッキー『ゲスの極み乙女。さんの新譜を聴く時のあのドキドキ感は恋のドキドキと同じ』
6月にベッキーは『ゲスの極み乙女。さんの新譜を聴く時のあのドキドキ感は恋のドキドキと同じなんですよね。今年、ライブを拝見するのが目標です。』との熱いラブコールをツイッターで送っていた。


その一か月後、実際のライブを訪れ、いわゆる“出待ち”をするベッキー
be
be1
be2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
動画4:55~ベッキー出待ち

[ゲス ライブモンスター,2015/07/30 公開、4:55~ベッキー出待ち]

ベッキーが川谷絵音との交際報道後、初のテレビ生出演 騒動には触れず笑顔振りまく

バンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル川谷絵音と交際していることが週刊文春で報じられ、1月6日に緊急会見し、「友人関係」などと主張していたベッキーが騒動後、初めてテレビに生出演した。

にじいろジーン,2016/1/9
にじいろジーン,2016/1/9

 
 
 
 
 
 
 
 
番組でベッキーは「あけましておめでとうございます」と笑顔であいさつした後、ゲストのいとうあさこ、保田圭、前園真聖らを紹介した。その後も、騒動については一切触れず終始、いつもの元気な笑顔を振りまいていた。

[にじいろジーン,2016/1/9]

安倍総理が国会答弁でパート収入事例にあげた額(月収25万円)が高すぎると話題

安倍総理が国会答弁でパート収入事例にあげた“月収25万円”は高すぎると話題
安倍総理が国会答弁にて「私が月50万円で、妻が25万円であったとしたら」と例えたことについて、パート労働の実態から乖離し過ぎていると話題になっている。

[安倍総理 2016年1月8日【衆議院 予算委員会 国会】]
動画27分位から。
『私と妻。妻は働いていなかったけれども、景気はそろそろ本格的によくなっていくから、働こうかと思ったら、働き始めたらですね。我が家の収入はですね、私が月50万円で、妻が25万円であったとしたら、75万円に増えるわけでございますが』

深田萌絵さんがシャープのインサイダー取引隠蔽でヤフーとみんかぶを訴え

Yahooファイナンスサイト内で運営される、みんかぶの情報サイトでコラムを書いている深田萌絵さんがヤフー株式会社(代表者=宮坂学代表取締役)と株式会社みんかぶ(代表者=瓜生憲代表取締役)に対して、東京地方裁判所へ訴訟を提起した。
訴状によると、深田さんは『謀略と詭計を用いて日本を代表する企業であるシャープをほぼ無償で台湾企業に渡る計画』があるという趣旨の記事を投稿したところ深田さんに無断で記事が削除されたうえアカウントを凍結されたという。
深田さんは訴状の中で、公共の利益を守る為に書いた記事に対する株式会社みんかぶの処置は、原告の表現の自由という憲法第21条で保障されている権利の侵害であると主張し、ヤフー株式会社と被告株式会社みんかぶに対して、1円の支払と「投資の達人」のアカウント凍結解除の判決を求めている。

‐訴状概略‐

原告は、シャープのインサイダー取引の記事を書くために、シャープの有価証券報告書、決算短信、国内のニュース20以上、三菱東京UFJ銀行に関する記事、三菱東京UFJ銀行と台湾銀行に関する日本語と台湾語の記事、鴻海の資金繰りに関する台湾語のリーク記事、鴻海の資金ではシャープは買えないという英文ニュースサイトなど三カ国語に渡る記事を読んで分析を行なった。

原告は金融コラムニストとして、日本人が三菱東京UFJ銀行に対して預けた預金を同行が不正に流用した事実と、謀略と詭計を用いて日本を代表する企業であるシャープをほぼ無償で台湾企業に渡る計画を立てているのは、シャープの多くの株主及び個人投資家、1万社を超えるシャープの取引先である中小企業、そこに勤める社員および家族数万世帯が職を失い甚大なる損失を受ける可能性がある為にそれを防ぐべく、公共の利益を守る為に書いた記事であった。

原告がシャープのインサイダー取引についての記事をYahooファイナンスコラム上で掲載できず、この事実を周知とできなければ、平成28年3月末日でシャープは主要銀行への返済が不可能となり債務不履行となる。シャープが倒産すれば、投資家だけでなく何万世帯という一般の人々が甚大なる損害を被ることになる。3月末日まで日数が100日も無く、日々シャープ関連の人々の生活は脅かされている現状を原告は多くの人に知ってもらう必要がある。エルピーダの二の舞を避ける為、早急にアカウントの凍結を解除するとの仮執行宣言を求める。

平成28年1月4日、金融庁預金担当より「原告のYahooファイナンスの記事を見た。それを金融庁の投資部門に転送する」との連絡があった。原告の記事を見た金融庁は、それがインサイダー取引や市場操作に係る重大な嫌疑があると判断しての連絡であった。

被告らは、鴻海がシャープのインサイダー取引によって7000億円の利益を上げさせるために、原告の記事を削除し、また原告の記事を書きこむアカウントを凍結した事実がある。これは、明らかな原告の表現の自由という憲法第21条で保障されている権利の侵害であった。

原告は被告株式会社みんかぶ代表者瓜生憲に対して、Facebook上で彼にリンクした形で質問状を出したが返信はなかった。また、被告瓜生憲はリンクを切った事実があるので、その質問状を読んだ事実がある。

 

blog:深田萌絵公式ブログ
book:OL、手取り12.5万円 20才からの株式投資 (アスカビジネス)

元小結で東十両9枚目の時天空(時津風部屋)が悪性リンパ腫で初場所を休場

元小結で東十両9枚目の時天空(36=時津風部屋)が、初場所を休場することになった。2015年7月に肋骨周辺に痛みを訴え、秋場所後の検査で悪性リンパ腫と診断され、現在、東京都内の病院に入院し抗がん剤治療を受けているという。


同じ時津風部屋では、双大竜も昨年の春場所を、「じんましん様血管炎」で休場している。

集団的自衛権、安保法に賛成するSEATが立ち上がる

集団的自衛権、安全保障関連法制に賛成する団体SEAT(students emergency action for true peace building 恒久平和構築のための学生緊急行動)が年末に立ち上がった。現時点のメンバーは高校生。
軍拡を続ける中国や北朝鮮等、日本を取り巻く安全保障環境への危機感から「抑止力」が不可欠で、その実現のため、集団的自衛権を容認し、日米同盟を強化し、安全保障関連法制の整備といった防衛体制の確立が必須だというのが主張の核。
seat
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

相馬生息のイノシシの糞から10868bq/kgのセシウムが検出される

福島県いわき市在住で福島原発由来の放射性物質を測定している方の報告によると、相馬郡飯館村の小宮野手神山で採取したイノシシの糞から10868bq/kgの放射性セシウムが検出されたという。

米空軍の偵察機「RC-135」が北朝鮮核実験(10時30分)の直前(10時21分ごろ)に離陸

米空軍が事前に北朝鮮の不穏な動きを察知していた模様。

電子情報収集の米偵察機 “水爆実験”直前に離陸
NHK,2016/1/6

 
 
 
 
 
 
 
 
NHKが米軍嘉手納基地周(沖縄県)辺に設置しているカメラが北朝鮮が水爆実験を行ったとする直前(午前10時21分ごろ)、米空軍の偵察機「RC-135」が離陸する様子を確認した。この偵察機は北朝鮮が核実験を行った平成25年にも、嘉手納基地から飛び立つのが確認されているという。

[北朝鮮核実験]原子力規制委員会が、WSPEEDIを用いた放射性物質の拡散予測を公表

2016年1月6日の北朝鮮の核実験の実施発表を受け、原子力規制委員会は、WSPEEDIを用いた仮に放射性物質が放出された場合の拡散予測を公表した。予測では、7日午前9時に日本海側に到達し、その後、徐々に太平洋側地域まで広がっている。
北朝鮮による核実験実施発表に対する放射能影響の観測結果について|原子力規制委員会
1月7日9時頃日本海側へ。15時頃北陸、北関東。18時頃北陸、関東、関西。
09
12

1月6日の北朝鮮の核実験実施に係る、航空自衛隊機による高空の大気浮遊じん等の採 取の際の参考として、WSPEEDIによる拡散予測結果を防衛省に提供しましたのでお 知らせいたします。(原子力規制庁 長官官房放射線防護グループ 監視情報課)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
15
18
source:https://www.nsr.go.jp/data/000135497.pdf

自民党と距離を置いていた正木正明創価学会理事長が退任

創価学会の原田稔会長(74)は2016年に任期(5年。現在2期目)を迎える。前任の秋谷栄之助元会長は75歳で会長を退いており、年齢的にも原田氏は交代という見方が強い。次期会長の有力候補は谷川佳樹事務総長と正木正明理事長の2人と目されている。

創価学会に詳しいジャーナリスト・乙骨正生氏が語る。
「谷川氏は原田会長と同じ東大出身で組織運営に長け、自民党寄りで知られるホープ。対する正木氏は学会主流派の創価大出身で自民党とは距離がある。次期会長には原田会長が推している谷川氏が本命視されているが、正木氏は池田大作氏の長男・博正氏(副理事長)の世話役を務めて池田ファミリーに近く、逆転の可能性もまだ消えていない」
(週刊ポスト2015年10月16・23日号)

自民党との連立解消も視野に入れていた正木正明理事長と、”連立維持”派で集団的自衛権行使容認もやむなしと考える谷川佳樹副会長(事務総長)が次期会長の座をめぐって争っていた。
エキサイトニュース-リテラ 2015年8月12日

創価学会は、この後、11月17日、正木正明理事長を交代させ、長谷川重夫庶務室長が理事長に就任した。