災害

[千葉]復旧進まず 雨漏りで住宅内に大量のカビ

Written by  on 9月 22, 2019

台風15号で多くの被害が出た千葉県館山市の沿岸部では、雨漏りした住宅内に大量のカビが生える被害も出ていて、住民は台風17号の接近で状況がさらに悪化するのではないかと不安を抱えています。館山在住の小林信夫さんの住宅は、屋根や窓が飛ばされて2階が吹きさらしの状態。小林さんは2階の床や廊下にブルーシートを張ったうえで1階で暮らしているが、雨が降ると雨水が寝室や廊下に大量に流れ込んでくるということです。このため被害の数日後には室内にカビが生え始め、今ではカビが1階の天井一面を覆い尽くしていまるという。寝室が使えなくなったため、小林さんは現在、居間に並べたいすの上に布団を敷いて寝ていますが、日増しに強くなるカビ特有の臭いに加え雨漏りの音もあって眠れなくなり、今では睡眠導入剤が手放せないということです。

こうした状況の中、現在自衛隊は、千葉県被災地において、支援活動を実施している。
訪れる方々に気持ち良く利用してもらうために準備を整えて利用を待っているという。

北海道帯広37度、襟裳岬10度(2019/5/26昼)

Written by  on 5月 26, 2019

5月26日の昼、北海道帯広市で気温が37度を観測し、5月の国内最高気温を更新した。
その一方、その少し南に位置する襟裳岬では10度という近接地域で大きな落差のある温度に。
標津と中標津間も高い気温差。

宇連ダム(愛知県新城市)5月19日5時に貯水率ゼロに

Written by  on 5月 20, 2019

今年の春以降、降雨が少ない状態が続いていた愛知県新城市の宇連ダムの貯水率が5月19日午前5時、ついに貯水率ゼロに。


写真の橋は大嶋橋。

関越自動車道 関越トンネル内で14台の車による多重事故が発生(3月23日)

Written by  on 3月 23, 2019

3月23日、関越自動車道 関越トンネル内で14台の車による多重事故が発生。
ネクスト東日本によると、事故車14台の複数件事故で負傷者救助活動中とのこと。

北海道内でpm2.5上昇傾向

Written by  on 3月 1, 2019

3月1日、北海道で呼吸器系などへの影響が懸念されているPM2.5の濃度が北海道各地で上昇し、札幌市の一部では、1立方メートル当たり89マイクログラムと通常の約9倍に達した。
濃度の高い状態は数日続く見通しで、気象庁等は注意を呼びかけている。

御茶ノ水駅付近の停電の影響で中央線・中央総武線で運転見合わせ

Written by  on 2月 25, 2019

中央線(快速)[東京~高尾]
では04:59頃、御茶ノ水駅付近で発生した停電の影響で、現在も東京~新宿駅間の運転を見合わせています。
また、運転区間の列車に遅れや運休が出ています。なお、振替輸送を行っています。(2月25日07時13分時点)
中央総武線(各停)
中央総武線(各停) では04:59頃、御茶ノ水駅付近で発生した停電の影響で、現在も三鷹~西船橋駅間の運転を見合わせています。
また、運転区間の列車に遅れや運休が出ています。なお、振替輸送を行っています。(2月25日 07時15分時点)

-link
中央総武線(各停)の運行情報-Yahoo!路線情報
中央線(快速)[東京~高尾]の運行情報 – Yahoo!路線情報

鳩山由紀夫元首相 北海道地震は『CCS(CO2を地下に貯蔵する試み)による人災』との見解示す

Written by  on 2月 22, 2019

鳩山由紀夫元首相が2月21日午後9時過ぎに胆振地方中東部で発生した地震を「CCSによる人災と呼ばざるを得ない。」との見解を示し話題に。
鳩山元首相は21日の地震の直前、「先日昨年の北海道厚真町地震が高圧でCO2を地下に貯蔵するCCSにより人工的に引き起こされたのではないかと書いた。実際、北大の研究者が5年前にその可能性があるとする論文を発表していた。日本では地震の影響を考慮するとCCSは非現実とも述べている。政府は決して認めないだろうがCCSは再考すべきだ。」とツイート。
その後、地震が発生、
「本来地震に殆ど見舞われなかった地域だけに、CCSによる人災と呼ばざるを得ない。」と指摘。

大きな圧力をかけてCO2を地下に埋めるCCSプロジェクトが地震の要因という説は以前からの特論で、長岡(新潟県)で行われた後中越地震、中越沖地震が発生、いわき(福島県)で行われたあと東日本大地震が発生、苫小牧沖で行われたあと、北海道地震が発生していることを根拠にCCSプロジェクトと無関係と言い切れるのか検証が必要との見解を示している。

胆振地方中東部で地震 札幌市役所 地下歩行空間を開放

Written by  on 2月 21, 2019

2月21日21時22分頃、北海道胆振地方中東部を震源とする最大震度6弱の地震が発生。
震源の深さは約30km、地震の規模はマグニチュード5.7。この地震による津波の心配はなし。

札幌市役所が2月21日に発生した地震への対応として、22日朝まで札幌駅前地下歩行空間を開放すると発表した。
24時30分から、一時滞在施設として、札幌市民交流プラザも開放される。
https://www.city.sapporo.jp/kinkyu_310221.html

+追記
札幌市営地下鉄は、地下鉄南北線(大通~真駒内間)で、2月22日3時過ぎに運行が再開された。

22日(金曜日)

本日より安全確認が終了次第、順次運行を再開します。
From today, as soon as the safety confirmation is completed, the operation will resume sequentially.

路線(Line) 区間(section) 再開時間見込み(Prospect for restart time)
南北線 (Namboku-Line) 大通-真駒内駅間 / Odori(N07) – Makomanai(N16) 3:40より再開済(3:15より駅舎開放済) / Resumed
麻生-大通駅間 / Asabu(N01) – Odori(N07) 未定(4:05より駅舎開放済) /Undecided
東西線(Tozai-Line) 大通-新さっぽろ駅間 / Odori(T09) – Shin Sapporo(T19) 4:15(3:30より駅舎開放済)
宮の沢-大通駅間 / Miyanosawa(T01) – Odori(T09) 未定(3:50より駅舎開放済) / Undecided
東豊線 (Toho-Line) 大通-福住駅間 / Odori(H08) – Fukuzumi(H14) 3:40より再開済(3:30より駅舎開放済) / Resumed
栄町-大通駅間 / Sakaemachi(H01) – Odori(H08) 4:15(3:50より駅舎開放済)

https://www.city.sapporo.jp/st/unnkyuu/h310221_allline.html

北海道電力は、北海道泊村にある運転停止中の泊原子力発電所の1号機、2号機、3号機について、地震による異常はなかったと発表。

【地震による当社設備への影響について】
本日(2/21)21時22分頃、胆振地方中東部を震源とする地震がありました。 泊発電所につきまして、異常はございません。

胆振地方中東部を震源とする最大震度6の地震東部

Written by  on 2月 21, 2019

2月21日21時時22分ころ、胆振地方中東部を震源とする最大震度は6の地震が発生した。

震度6弱 胆振地方中東部
震度5弱 石狩地方中部 石狩地方南部 空知地方南部 日高地方西部
震度4  石狩地方北部 日高地方中部
震度3  渡島地方東部 後志地方北部 後志地方東部 空知地方中部
上川地方南部 胆振地方西部 日高地方東部 十勝地方北部

「ダムカレーは不謹慎だ」と激怒している人がいるらしい

Written by  on 2月 21, 2019

ほとんどのダムカレーは、ダム水源地の方々が考えだしたもので悪意などないが、「ダムカレーは不謹慎だ」と激怒している人がいるらしい。