文学

小説家 誉田龍一(ほんだ りゅういち)さん(=57)に死去の報。 誉田龍一先生がお亡くなりになったことを聞きました。先日の受賞の時、おめでとうとコメント下さったばかりなのに……初めてお会いした時に「今村さんは、歴史単行本 …

Continue reading 小説家 誉田龍一(ほんだ りゅういち)さん(=57)が死去

膠原病であることを公表している作家志茂田景樹氏が5月20日、自身のTwitterを更新、膠原病の養生も兼ね福島・南会津へ保養に行ったが、南会津に着いた途端、不注意で転倒、圧迫骨折したと明かした。 ご心配ありがとうございま …

Continue reading 志茂田景樹氏 膠原病養生兼ね訪問した南会津で転倒し骨折

2019年4月9日に軽度の脳梗塞と診断され「血液をサラサラにする薬を点滴しつつ様子を見るということのようです」とTwitterで報告したコラムニスト小田嶋隆氏。 順調に回復し20日に退院するという。 【訂正】 誤)4月1 …

Continue reading 脳梗塞で入院のコラムニスト 小田嶋隆氏 順調に回復し20日に退院

台湾文学の翻訳家で日本語で台湾の本を紹介するサイト「もっと台湾」などを運営していた天野健太郎氏が11月12日に膵臓ガンのため死去。享年47歳。 京都府立大学文学部文学科国中文専攻卒。訳書に『台湾海峡一九四九』『歩道橋の魔 …

Continue reading 台湾文学の翻訳家天野健太郎氏(47)が膵臓ガンのため死去

近藤勲公さん(こんどう・のりひろ=小説家=57歳)が3月16日死去。2008年度の九州芸術祭文学賞で「黒い顔」が最優秀作に選ばれ、その後「銀杏神社」「夏の底」などの作品を雑誌「文学界」で発表した。2014年5月からは毎日 …

Continue reading [訃報]小説家近藤勲公さん(57) 「銀杏神社」「夏の底」「黒い顔」

人気ブログ『余命三年時事日記』の内容をまとめた、単行本『余命三年時事日記』(青林堂)が12月17日、発売を開始した。 しかし、現時点でamazon以外では買えず、ほとんどの大手の本屋の店頭にこの本がないようである。 余命 …

Continue reading 余命三年時事日記 発売開始するも 多くの書店で『店頭にない』状況

晶文社編集部斉藤典貴氏のツイートより。 イラストレーター・フジモトマサルくんの訃報が…。しばらく闘病していたことは知っていたけど、残念でならない。デビュー当時、一緒した仕事のことをいろいろと思い出す。御冥福をお祈りします …

Continue reading イラストレーター フジモトマサル氏が亡くなる 村上春樹氏の期間限定サイト「村上さんのところ」の絵を手掛ける