政治

坂本龍一氏、立憲民主党へ100万円を寄付 岩井俊二監督は10万円寄付

Written by  on 12月 1, 2018

11月30日公開の2017年分の政治資金収支報告書で、音楽家の坂本龍一氏が昨年10月の衆院選期間中に立憲民主党へ100万円、映画監督岩井俊二氏が10万円を寄付していたことが分かった。ともに立憲民主党が掲げる脱原発に共鳴したとみられる。


坂本氏は、反原発などの活動に積極的に取り組んでいることで広く知られるが、岩井監督も、反対の立場を表明しているようです。
『それこそ政治で解決できる話じゃないと思います。個の単位でごくフラットに“原発はいらない”と思う。それが次第に友だち同士のコンセンサスとなり、やがて臨界点を超えて、一気に全体に広がっていく。そうすべき問題なんだと思います』(岩井俊二監督 INTERVIEW | FLYING POSTMAN PRESS)

徴用工判決について ほんこん『募集工員でしょ?無償の3億ドル今のレートで返して貰ったらええ』

Written by  on 12月 1, 2018

12月1日放送の『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(朝日放送テレビ)でコメンテーターほんこんが10月30日の新日鉄住金に続き、11月29日、三菱重工業に損害賠償を命じた韓国大法院の判決について、
『募集工員でしょ?』
『無償の3億ドル今のレートで返して貰ったらええがな。盧武鉉政権時に認めたんでしょ?経済成長も日本の金でインフラ整備して、その人等にはお金がいけへんかったんでしょ?それを充てたらええだけ』
と1965年の日韓基本条約において無償で3億ドル支払った資金を今のレートで返してもらったらええとコメント。

中山恭子参院議員 日本のこころ支部解散前日に別の政治団体に政党交付金2億円移す

Written by  on 12月 1, 2018

中山恭子参議院議員 交付金2億円移す
2017年、日本のこころを離党した中山恭子議員が、党支部の解散前日、政党交付金約2億円を同じ日に設立した別の政治団体などに移していたことが12月1日、読売新聞の取材で判明した。

中山氏は安倍首相が衆議院解散を表明した昨年9月25日、代表を務めていた日本のこころからの離党を発表。翌26日、党支部「日本のこころ参議院比例第二支部」(東京都新宿区)を解散した。
支部の収支報告書などでは、同月25日、支部の交付金1億7000万円が同日設立された中山氏が代表の「経綸の会」に移動。中山氏の資金管理団体にも約3900万円が動かされ、支部の交付金はゼロになった。
YOMIURI ONLINE

中山議員はこの後、小池百合子東京都知事を代表とする「希望の党」設立に参加。

眞子さまと小室圭さんとの婚約、『多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、私たちは婚約にあたる納采の儀を行うことはできません。』秋篠宮殿下言及

Written by  on 11月 30, 2018

秋篠宮さま 眞子さま小室さんに「それ相応の対応」(18/11/30)

秋篠宮殿下は11月30日、53歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち記者会見に臨まれ会見で秋篠宮殿下は眞子さまと小室圭さんの婚約について、『多くの人がそのことを納得し、喜んでくれる状況にならなければ、私たちは婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません。』との認識を示された。

Q:眞子さまと小室圭さんとのご結婚に関する行事が2年延期され、小室さんはこの夏から3年の予定でアメリカに留学しました。小室家を巡る様々な報道もありますが、小室さんからどのように聞き、どう受け止めていらっしゃいますか?眞子さまの最近のご様子とともに、お二人の結婚についてのお考えや今後の見通しをお聞かせ下さい。
秋篠宮殿下「小室さんにかかわることが毎週のように週刊誌等で報道されていることは私もすべてをフォローしているわけではありませんけれども、承知はしております。小室さんからの連絡も2、3カ月に一度くらいでしょうかね、時々もらうことがあります。娘と小室さんのことではありますけれども、私は今でも、この二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をするべきだと思います。まだ婚約前ですので、人の家のことについて私が何か言うのは、はばかられますけれども、やはり今、お話ししたようなそれ相応の対応というのは大事ですし、二人にも私は伝えましたが、やはり今、色んなところで話題になっていることについては、きちんと整理をして問題をクリアにするということになるかもしれません。それとともにやっぱり多くの人がそのことを納得し、喜んでくれる状況にならなければ、私たちは婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません。私が今、お話しできるのはそのくらいのことです。」

韓国最高裁、三菱重工業に賠償命令 ヤフコメは離韓論一色に

Written by  on 11月 29, 2018

韓国最高裁は29日、太平洋戦争中に三菱重工業に動員された韓国人元徴用工5人の遺族が同社を相手に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、賠償支払いを命じる判決を言い渡し、同社の敗訴が確定した。
(共同通信)

判決を受けネットでは、韓国に対する反発の声一色に覆われている。29日昼時点で3000近く付いているヤフーニュースのコメントはほとんどが、韓国からの撤退等を促すもの。
『遺憾や抗議で済ませてはならない。今度こそ制裁や断交に向けて進めるべきだと思います。企業も離韓を進めていくべき。』
3万近くの『そう思う』ボタンが押されているコメントがこれ。続いて、
『今後も次々同様の判決が続くだろう。韓国に大きな拠点がある会社は早めに撤退した方が良いと思います。責任者拘束されまっせ。』
『さすがにこれで企業の韓国からの撤退は相次ぐでしょう。事実上の国交断絶へ、まずは民間からということになりますね。』
『1つ事例を作ったおかげで、もうこうなるわな。これからも第2第3の徴用工賠償裁判は続くだろうな。もう本気で、国交断絶を考えた方が良いね。』
『これを機に、断交する事を望みます。平成終了と共に国交も終了しましょう。』
Twitterでも最もシェアされているコメントが高須クリニックの高須克弥院長のコメントだ。

『答弁できないならやめて』(山尾志桜里)『答弁の途中です』(安倍総理)衆議院予算委員会(2018/11/26)

Written by  on 11月 26, 2018

11月26日、衆議院予算委員会の質問に、立憲民主党の山尾志桜里議員が登場。
山尾志桜里議員「答弁が出来ないならやめてください。」
安倍晋三総理「質問されたのに答弁をやめて下さいというのはどうかと思わけでございますが。答弁の途中ですよ。」

佐藤梓八王子市議が引退を表明 リベラル、左派、市民派を名乗る男性からの異様な執着が酷く地獄のような日々

Written by  on 11月 25, 2018

2015年4月に八王子市議会議員選挙でトップ当選を遂げ、美人市議として話題となった社民党の佐藤梓(さとう あずさ)氏が11月21日瑞、自身のFacebookに任期満了後の引退についてと題した記事を投稿、次回選挙に出馬せず、引退すると表明した。
佐藤市議によると、当選後の4年間、対立する党派からの嫌がらせはほとんどなく、むしろリベラル、左派、市民派を名乗る男性からの異様な執着が酷く地獄のような日々だったという。
佐藤梓Facebook-任期満了後の引退について
Facebookで任期満了後の引退についてという文章を綴った後、「佐藤は『リベラル』『左派』『市民派』の男性の一部が酷かったと批判をしたため、今度は保守、右派側からの出馬を狙っているのではないか、裏切るつもりではないか」という「予想」している人が出ているが、自身は『明確に社会民主主義者』であり、社民党の掲げる理念に共鳴して自分から門を叩いて入党しているため、議員という立場を引退しても、思想信条が変わることはなく、党を離れるつもりもないという。
日仏共同テレビ局France10

京都南丹市に抗議連絡で香山リカ子育て応援講演会中止

Written by  on 11月 23, 2018

京都府南丹市が11月24日に開催予定だった精神科医香山リカさんの子育て応援講演会で、『香山さんの講演の進行を妨げようとする内容の電話』連絡を受けて講演者を差し替えたと発表した。
(南丹市)


この件に関し、朝日新聞は

市によると、「日の丸の服を着て行ってもいいか」などとする電話が市に5件あり、「当日大音量を発する車が来たり、会場で妨害や暴力があったりしたら大変やろ」と市役所を訪れて告げる男性もいたという。
市は京都府警に相談したうえ、別の講師を招くことを決めた。取材に西村良平市長は「圧力に屈したわけではない。子どもや母親らに穏やかに参加してもらうことが大事ということを考慮した」、香山さんは「精神科医としての事例を踏まえ、地方で子育てする保護者のみなさんを励ますような講演を準備していたので残念で不本意。一体どういう抗議があったのか詳しい内容を知りたい」と話した。
朝日新聞|2018年11月22日

と報じているが、実際に抗議した中の1人は、抗議後にどのような人物か、関係者が初めて知り会議で見送りを決めたと話している。

小嶋由紀
11月17日
先日投稿した子供が持ち帰ったお知らせプリント
『子育て応援講演会』講師(極左有名精神科女医)
南丹市に抗議したところ、インターネット検索でどんな女医かを関係者が初めて知り、
緊急会議ののち今回の講演は見送り、
別の講師を、とのことで難を逃れました。
よー調べてから呼ばんかい!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=261243894536567&set=a.164714514189506&type=3&theater

ブルームバーグ氏、ジョンズ・ホプキンス大学に2千億円超の寄付「私にチャンスをくれた大学が恒久的に、他の人々にも同じ扉を確実に開くことができるようにしたい」麻生副総理との意識の差にため息

Written by  on 11月 22, 2018


金融情報サービス大手ブルームバーグの創業者マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長が11月18日、母校ジョンズ・ホプキンス大学に18億ドル(約2030億円)を寄付すると発表した。
寄付は、低中所得層出身でも学力が十分あれば大学に進学できるよう学資を援助するのが目的。
父は簿記係で、年収は低かったが
「私は幸運だった」
「私は国家防衛教育法に基づく学生ローンと学内でのアルバイトでジョンズ・ホプキンス大学の学費を賄うことができた」
「ジョンズ・ホプキンス大学で学位を得たからこそ、卒業後の道が開け、私はアメリカン・ドリームをつかめたのだ」
これまで母校に寄付した総額は既に15億ドル(約1690億円)に上る。更なる18億ドルの寄付金について、ブルームバーグ氏は
「私にチャンスをくれた大学が、今後もずっと学生たちに扉を開き続ける場所であってほしい」とコメント。日本のネット上では、東大を卒業した北橋健治北九州市長について「人の税金を使って学校に行った」と発言し、批判の声が相次いだばかりの麻生太郎副総理の姿勢と対比する声があがっている。
『麻生太郎正座して読め。』
『ブルームバーグ氏の大学への寄付。素晴らしいお金の使い方。
ほんと、麻生財務大臣や私腹を肥やしてる政治家達に、これ読んでほしい。』
『麻生「人の税金を使って学校に行った」
ブルームバーグ「私にチャンスをくれた大学が恒久的に、他の人々にも同じ扉を確実に開くことができるようにしたい」
この意識の差よ…』
(twitterより)

韓国政府、慰安婦財団「和解・癒やし財団」の解散発表 佐藤正久外務副大臣『到底受け入れられない。』

Written by  on 11月 21, 2018

韓国政府は11月21日、2015年の日韓合意に基づき韓国政府が設置した「和解・癒やし財団」を解散すると発表した。
日本が拠出した資金から元慰安婦に現金を支給する事業を担う和解・癒やし財団は、慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった日韓合意の柱。
佐藤正久外務副大臣は『到底受け入れられない。』『政権が代わったからといって責任を放棄していいものでは無い。』とのコメントを発表。合意履行を求める日本政府の方針に反する措置で、日韓関係悪化は不可避の流れに。