政治

石田純一「戦争は文化ではありません」(国会前)

Written by  on 9月 18, 2015

学生団体シールズ等が連日行っている安全保障関連法案反対デモに9月17日夜、俳優の石田純一が登場、過去の自身の発言にちなんだ「戦争は文化ではありません」などとスピーチし、デモ参加者を沸かせた。

[石田純一さん国会前抗議でスピーチ]
「皆さんこんばんは、雨の中お疲れさまです。われわれは、いろんな歴史をずっと続けてここまでやってきております。中には諸外国から問題になっている、そういう時期もありました。ただ僕たちが言えるのは、今ここで、いろんな方の意見があるという、そういう国、まだものを言える国、そういうことは、僕たちはまだまだ救いがあると、そして、こんなにたくさんの方が毎日、毎日、今日も、僕は京都も見てまいりました、京都でもすごく、河原町通り、デモをやっておりました。
やっぱりあのー、ここ何年も政治やなんかに無関心で何も言ってこなかった人たちでさえ、こうやって立ち上がっているんです。
1つだけ言いたいことがあります。攻められたらどうするんだ。そういうことをいろんなtwitterやメディアでも聞きます。
でもそれは、われわれが今まで、自民党と言えども多様性があって、個別的自衛権、攻められたらそこで周辺事態でなんとかなるわけですよ、ここへきて、確かにアメリカは同盟国でありますけども、わざわざ中近東に行って、その彼らを助ける必要があるのか?ないですよね、
われわれは世界が誇る平和国家です。
戦後70年たちました。これを100年、150年していきたいと思います。われわれの子どもたち孫たちが、ずっと平和で暮らしていけるように、この国を守るというのは個別的自衛権でも守れるんです。なんでわざわざ集団的自衛権が必要なのか。そんなにアメリカの機嫌が取りたいですか。アメリカはもちろんわれわれの友だちで同盟国ではあります。でもやはり間違ってる、違ってる、なんかそういうことは友だちでもちゃんと言えなくちゃおかしいと思います。
先の世界大戦で皆様、310万人の尊い命が亡くなっているんですよ。一説では400万人とも言われています。最後の大空襲からポツダム宣言をやっぱりスルーして、その間何10万人と一般の人が空襲で亡くなっている。インパール作戦では20万人も日本兵がアジアに出て行って、帰ってきたのは2万人です。18万人が飢えと病気とそして戦争で、弾丸でも亡くなっている。
戦争は文化ではありません
絶対にわれわれは誇るべき平和を、もう一度言います、70年、80年、100年、続けていこうではありませんか。よろしくお願いします。」

9月14日の国会周辺デモ もの凄い数の警察官を動員して治安維持

Written by  on 9月 16, 2015

安保法制に反対するグループによる9月14日の国会周辺デモに対し、大量の警察官が動員され治安維持がなされた模様。
‐写真(twitterより) 圧巻の警察団‐

須藤元気 国会議事堂前に 菅直人元首相も過剰警備監視のタスキを掛け現る

Written by  on 9月 15, 2015

安全保障関連法案に反対する学生グループ『シールズ』への共感を表明している元格闘家須藤元気が9月14日、ついに国会議事堂前を訪れた。また、菅直人元首相は国会前デモへの過剰警備を訴えるタスキをかけて駆けつけた。有田芳生参議院議員によると、この日、国会議員20人が警察の過剰警備を監視したという
反対デモ主催者らは、国会周辺での抗議行動の参加者に対して、周辺の地下鉄駅の出入り口などの規制と、一方通行や大幅迂回などの歩道の通行規制など、過剰警備がなされていると主張している。

元男組山口祐二郎、高橋直輝が鴻池祥肇参院安保法制特別委員長に建白書を提出

Written by  on 9月 10, 2015

sif
 
 
 
 
 
 
安倍政権が推進する安保法制に対する反対運動を展開している全日本憂国者連合会議の山口祐二郎議長と憂国心魂塾の高橋直輝会長は9月8日、『安全保障法制の撤回』を求める建白書を、鴻池祥肇参議院安保関連法制特別委員会委員長に面会し、手渡した。


 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山口氏、高橋氏はともに男組の元幹部。
男組
男組とはしばき隊、プラカード隊などに列する在特会系デモに対するカウンター(対抗)集団で2013年6月から2015年3月までの間、活動していおり、高橋氏は“男組組長”、山口氏は“男組若頭”を名乗っていた。

安倍晋三首相の無投票再選濃厚=野田聖子氏、推薦人確保に難航

Written by  on 9月 8, 2015

首相陣営、党内各派・グループを通じた締め付けを強化、野田氏、立候補に必要な推薦人20人の確保に困難に


安倍晋三首相(自民党総裁)の任期満了に伴う党総裁選が8日告示される。党内全7派閥の支持を受ける首相が再選されるのは確実な情勢だ。
これに対し、出馬に意欲を示す野田聖子前総務会長は、立候補に必要な推薦人20人の確保に依然としてめどが立っていないとみらる。
立候補受け付けは8日午前8時から30分間、党本部で行われる。
こうしたなか、古賀誠元幹事長が野田氏に出馬を促すとともに、岸田派(古賀派)の個別議員に野田氏支持を働き掛けているとされる。これを警戒する岸田派は7日、臨時総会を開き、結束して告示に臨む方針を確認した。
野田氏は7日、電話などで党内への働き掛けを続けた。しかし、首相陣営の切り崩しで、野田氏の推薦人になることを約束した議員が離反する動きもあり、20人の確保は難航している。
時事ドットコム(2015/09/08-00:14)

大阪府堺市の公立小学校で「アベ政治を許さない」と書いた貼り紙が教室と廊下に貼られる

Written by  on 9月 7, 2015

9月3日の大阪府堺市議会で、自民党市議の質問を受けた市教委教育次長が堺市の公立小学校で7月18日から8月22日にかけて「アベ政治を許さない」と書いた貼り紙が教室と廊下に貼られていたことを認め、「政治的中立性が求められる学校現場での事象として重大なことと受け止めている」と謝罪した。
市教委は「学校管理者に無断で貼ったもの」として撤去した。
貼り紙を貼った非常勤職員は、作家の澤地久枝さんらがネット上で呼びかけた「アベ政治を許さない」全国一斉行動に応じたもので、「安全保障関連法案の動きに危機感を覚えて貼った」と話しているという。
via asahi.com
澤地久枝氏らが呼びかけた「アベ政治を許さない!」全国一斉行動
haya

-link
「アベ政治を許さない!!同じポスターを全国一斉にかかげよう」(youtube)

室井佑月氏 宣言通り“8・30,国会正門前”に登場

Written by  on 8月 31, 2015

安全保障関連法案に反対し、『8・30、あたしは行く。もういても立っても……。』と公言していた作家の室井佑月氏。宣言通り“8・30,国会正門前”に登場。

百田尚樹氏『大放言』が50万部売れたら、今年の大阪市長選に出馬可能性も

Written by  on 8月 31, 2015

作家百田尚樹氏が26日、新著の『大放言』が50万部売れたら、『今年の大阪市長選に出ようかな』とつぶやいた。
大阪市長として、『もう一度大阪都構想の住民投票を行う。』『生活保護の不正を徹底的に糺す。』『税金などの優遇条例を作って大企業を誘致する。』などの構想を持っているそうだ。8月12発売の『大放言』(新潮新書)、アンチらがネガティブキャンペーンを展開する中、発売10日で13万部突破と健闘している。

【国会前】まさかの小沢一郎登場 参加者からどよめき 森村誠一、坂本龍一もスピーチ

Written by  on 8月 30, 2015

【国会前デモ】まさかの小沢一郎登場 参加者からどよめき
集会には民主党の岡田克也代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の吉田忠智党首も参加したが小沢一郎氏の登場時に、ひときわ大きい歓声が沸いた。


集会には作家森村誠一氏、音楽家坂本龍一氏も参加し、平和安全法案反対のスピーチを行った。

三宅雪子元衆議院議員がストーカー被害 法的措置へ

Written by  on 8月 25, 2015

2009年7月の第45回総選挙で民主党から立候補(群馬4区)し、重複立候補していた比例北関東ブロックより復活当選を果たし、衆議院議員を1期務めた三宅雪子氏が8月23日、ストーカーから身を隠すためツイッターアカウントを一時削除した。命の危険を感じる程で、法的措置をとることを決めたという。程なく「身の安全の確保が公的機関からされた」ことから、26日から再開するとのこと。

三宅雪子(みやけ・ゆきこ)オフィシャルWebサイト
何が苦痛だったかというと、「監視している」ことを明言されている上に、はっきり、その目的も知らされていたからでした。以下が、神奈川の政治団体でqmei99「大野眞一が述べたことです。
1、政治活動をやめさせる
2、措置入院させる(意味不明)
3、(知的障害のある)弟を救う(これまた意味不明です。弟は楽しく毎日過ごしています)参加者から、「弟さんに会ったことがあるのか?」と質問がでたそうで、「ない。葬儀の焼香で三宅さんが弟さんの手助けをしているのを見て、これでは自立できないと感じた」そうです。
http://www.miyake-yukiko.com/blog/post-1293.html


三宅氏が法的措置をとるという相手qmei99のツイッターアカウント。無党派で、「アベ政治を許さない」と主張している人物。