健康・ダイエット

睡眠の質を高めるGABA(γ-アミノ酪酸)配合 GABA for Sleepが効果有と話題に プラセボ効果説も

Written by  on 10月 20, 2019

江崎グリコが今年の9月から発売している睡眠の質を高める機能があるとされるγ-アミノ酪酸を配合したチョコレートGABA for Sleepが効果覿面とSNS上で話題になっている。


販売元の江崎グリコGABA for Sleepは、3粒(12.5g)あたり、100mgのγ-アミノ酪酸を含んでいるが、このγ-アミノ酪酸は、100mgの摂取で眠りの深さ、すっきりとした目覚めといった、睡眠の質を高める機能があることが報告されていると謳っているが、暗示的な治癒効果=プラセボ効果では?との声もあがっている。

あさイチでIUSがオススメされ話題に

Written by  on 7月 8, 2019

一生のうち生理の日数を合計すると、6年もあり、長期間、痛みやイライラに悩まされている女性が多い中。7月8日放送のあさイチにて「痛み」、「イライラ」におさらばできる、新常識として、定番のピルの他、「月経カップ」「IUS」が紹介された。

なかでも出血を抑えるIUSは子宮内膜症の進行も抑える効果が期待されれるうえ、一度装着すると年一回の定期診断を受ければ5年間、そのままでOKとオススメされ話題に。

ミレーナ(IUS)の装着法を動画で解説している産婦人科医によると、ミレーナはほぼ完全な避妊法で、かつ月経がほぼ無くなり、月に1回目薬一滴程度の出血になるため、生理用ナプキンが不用となりオリモノシートだけで対応出来るようになるとのこと。

IUSの対応をしている渋谷文化村通りレディスクリニックによると低用量ピルで危惧される血栓症のリスクもなく、高血圧の女性、肥満気味の女性、喫煙している方に使用しやすいという点がメリットがあり、5年間有効だが、妊娠希望が出たら除去する事により、すぐ妊娠する事が可能で妊娠や胎児に影響はないという。
https://www.shibuya-bunkamuradori-ladies.jp/hinin/ring

マネーの虎 南原竜樹氏の現在の筋肉が話題に

Written by  on 7月 3, 2019

南原竜樹氏の筋肉が素晴らしいと話題に。今年還暦を迎えるとは思えない見事な体が話題に。
かつて放送されていた人気番組「マネーの虎」(日本テレビ系)に出演していた実業家の南原竜樹さん(59)。
現在は幅広い飲食等の業態を束ねるLUFTホールディングスの会長を務めている。
仕事の興味深いのは今年還暦を迎えるとは思えない引き締まった筋肉質の上半身だ。


夕刊フジに語ったとことによれば、
「ふだんの体脂肪率は12%前後。トレーニング強化期間には8%」
「『今日なに食べたい?』って考えて食事を決めるでしょ? 僕の場合は、『今日は体に何が必要?』って考えて食事を摂ります。トレーニングをたくさんした日はタンパク質を多く。仕事の会食などで思うように摂れないときはプロテインなどで補給をしてます」
とのことで必要な場合は炭水化物も食べるという。

マネーの虎 南原竜樹 4/6 転落後の生活~復活劇 五反田駅で求人情報誌から…

環境省『男性も日傘を』呼びかけ 男女問わず有効

Written by  on 5月 22, 2019

環境省『男性も日傘を』東京都サッカー協会『夏の公式戦禁止』

政府、スポーツ団体などが熱中症対策を続々と打ち出している。

環境省 男性も日傘を呼び掛け

環境省は5月21日、各種実証調査で、熱ストレスの観点からは男女問わず日傘を活用することが望ましいことが判明したとし、日本百貨店協会、日本洋傘振興協議会等と連携し、「日傘の活用推進」を目指す呼びかけを実施すると発表した。

今年度、人工気象室で帽子のみをかぶった場合と日射を99%以上カットする日傘を使った場合との比較を行った結果、日傘を使用すると汗の量が約17%減ることが分かったという。

+関連リンク
日傘無料貸出イベントでのWBGT測定・掲示‐気候変動適応情報プラットフォーム

東京都少年サッカー、夏の公式戦禁止

夏の熱中症に備え、東京都少年サッカー連盟が今年から7、8月の公式戦を全面的に禁止することを決めた。
昨年までは小学5、6年生の全国大会までつながる約600試合が組まれ、熱中症への注意を促した上で実施。7月中旬に小学6年生が熱中症を起こしていた。
そこで、
「注意喚起をしても事故が起きては意味がない」「試合をこなすことよりも子供の命、安全が大切だ」
(同連盟の吉実雄二委員長)
との問題意識から、熱中症対策で一律に公式戦の開催を禁じることにしたという。
-source:朝日新聞デジタル

「ゲーム障害」初の実態調査へ 厚労省 昨年WHOが国際疾病に分類

Written by  on 1月 11, 2019

オンラインゲームなどのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム」への依存症「ゲーム障害」について、厚生労働省が来週から初の実態調査に乗り出すことがわかりました。
世界的にも初の実態調査となる見通しだということで、厚労省は「結果を受け予防や治療などの具体的な対策につなげていきたい」としています。
(TBS,2019/1/11)|BIGLOBEニュース

2018年6月、WHOが国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)で、オンラインゲームなどに過度にはまり、ゲームへの優先度が高まり、その他の活動よりも優先されるようになり、社会生活に影響が出ている状態を「ゲーム障害」と位置づけ、ゲームに費やす時間に注意するよう呼び掛けている。

Should all people who engage in gaming be concerned about developing gaming disorder?
Studies suggest that gaming disorder affects only a small proportion of people who engage in digital- or video-gaming activities. However, people who partake in gaming should be alert to the amount of time they spend on gaming activities, particularly when it is to the exclusion of other daily activities, as well as to any changes in their physical or psychological health and social functioning that could be attributed to their pattern of gaming behaviour.
https://www.who.int/features/qa/gaming-disorder/en/

JT 1965年より54年間実施してきた全国たばこ喫煙者率調査を終了

Written by  on 12月 14, 2018

JTは12月13日、1965年より54年間にわたり毎年実施してきた全国たばこ喫煙者率調査について、今年7月30日に公表した2018年調査をもって終了とし、来年以降は調査を実施しないことを決定したと発表した。
『昨今では、個人情報保護の観点から、自治体によっては企業による住民基本台帳の閲覧を制限する事例が出てきていることから、将来にわたり調査の信頼性を担保し続けることは困難であると考えており、加えて、本調査へ掛かる負担等を含め、総合的に勘案した結果』(JT)
ことが終了の理由。
また喫煙者率の傾向について、
『JTは、喫煙者率が減少傾向にあるものと考えております。この要因は複合的であり一概には言えませんが、高齢化の進展、喫煙と健康に関する意識の高まり、喫煙をめぐる規制の強化や、増税・定価改定等によるものと考えております。』(JT)
との見解を示している。
最後の喫煙率調査によると、2018年は男性27.8%、女性8.7%、男女計17.9%と、いずれも過去最低。
(一般的なたばこ製品の他、加熱式たばこ、パイプ等も含む調査)

releases:JT
 

『腸よ鼻よ』23歳で大腸全摘手術をうけ、オストメイトとなった女性漫画家 島袋全優の実体験闘病ギャグエッセイ

Written by  on 12月 12, 2018

漫画家を志し、東京でのタワーマンション最上階暮らしと印税生活を目指していたが23歳で大腸全摘手術をうけ、オストメイト(人工肛門)となったという女性漫画家 島袋全優が「GANMA!」で連載の『腸よ鼻よ』が実体験闘病ギャグエッセイとして人気となっている。沖縄出身。28歳。

エナメル質形成不全(むし歯になりやすい歯の異常)は西日本で高く、東日本で低い、西高東低の分布

Written by  on 12月 4, 2018

エナメル質形成不全(むし歯になりやすい歯の異常)は西日本で高く、東日本で低い、西高東低の分布
日本小児歯科学会と富山大学の共同研究で、小児のエナメル質形成不全の割合は、西日本で高く、東日本で低い、西高東低の分布を示すことが判明した。エナメル質は出生直前後の時期に形成されるが、エナメル質形成不全は、歯の質が低下するため、むし歯になりやすいことから近年注目されている。全国規模の調査で、エナメル質形成不全を持つ小児の割合(有病率)や、地域間の差が明らかになったのは初めてのこと。

エナメル質形成不全の有病率


日本全体で19.8%。地域別では、北海道(14.0%)、東北(11.7%)、関東信越(18.5%)、東海北陸(19.3%)、近畿(22.3%)、中国(19.8%)、四国(28.1%)、九州(25.3%)。全体として西高東低の地域差が認められた。

風疹対策 厚労省 成人男性にワクチン接種を求めることを決定 ワクチン接種費用の無料検討

Written by  on 11月 30, 2018

今年に入ってから11月18日までの感染報告は2186人(国立感染症研究所)と風疹が流行していることを受け、厚生労働省は、30代~50代の男性に対し、抗体検査やワクチン接種を求めることを決めた。抗体検査やワクチン接種費用の原則無料化も検討しているという。


根本厚労相が成人男性の定期予防接種化を視野にワクチンメーカーと交渉を進めているとのこと。
+new info(2018/12/11)
風疹の感染拡大を防ぐため、厚労省は流行の中心となっている30代から50代の男性を対象に、来年から、予防接種を原則無料とすることを決定。まず現在免疫があるかどうか調べる抗体検査を無料で受けてもらい、免疫がないことがわかった場合にワクチンを接種する方針。
(NHK)
神奈川県|風しん非常事態宣言
2018年神奈川県で、2017年1年間で10人であった患者数が、12月2日現在、343人となっている状況を受け、風しん非常事態を宣言するとともに、風しん撲滅に向けた取組を進めていくと12月10日発表した。

日本人の約127人に1人が指定難病

Written by  on 11月 29, 2018


医療費が助成される指定難病の患者数が近年、増加傾向
国が認定する指定難病制度。医療費の助成を受けるために、難病患者の多くは自分の病気が指定難病となることを望んでいるそう。
現在指定難病の数は331疾患。難病法が制定された2014年以前には56疾患だったが、4年間で大幅に増えた。