メディア

乳がん公表から5年の伊勢みずほアナ 経過を報告

Written by  on 10月 31, 2019

フリーアナウンサーの伊勢みずほ(42)が10月30日、「私事ですが5年が過ぎました」のタイトルでブログを更新、乳ガン診断を受けてから5年を経ての検査結果を報告した。
1カ月前の検査結果では腫瘍マーカーの数値が上がっており、転移を心配していたというが今回CT、MRI検査を受た結果、
「主治医の先生が『大丈夫でしたよ』と前回は無かった笑顔を見せてくださいました。その日の血液検査で腫瘍マーカーの数値が下がっていました」と報告。
伊勢アナは2015年2月に「突然の公表ですみません。乳ガンが見つかり昨年の夏に手術を終え今は抗がん剤で治療を続けています。」
「去年の5月にガンが見つかってから
ずっとずっと悶々としていましたが
皆さんに報告しちゃえることで少し気持ちがまた前に進めるはず!」
と公表していた。

伊勢みずほアナ
宮城県仙台市出身
元BSN新潟放送アナウンサー(2002~2009)
お魚マイスターアドヴァイザー
著書に自身の体験をベースにした『がんのち晴れ~キャンサーギフトという生き方~』(新潟日報事業社)。
公式ブログ:https://ameblo.jp/isemizufo/entry-12540610749.html

抗がん治療による脱毛ストレスにおススメのケアニット amuamu フリーアナウンサー 伊勢みずほさんのレビューコメント
「抗がん剤治療中にこういう帽子と出会いたかった!!私の場合、髪の毛がすべて抜けてからというもの頭皮も敏感になり、締め付けるのも蒸れるのも本当に嫌だった。
デザインも限られていて。。。お洒落を楽しめないのも、とってもつまらなかった。」(伊勢アナ)

関栄ニット ニット帽でガン患者支援
伊勢アナが紹介していたのはニット製品の産地の新潟県見附市でガン治療患者向けの帽子を作っている関栄ニットの製品。

上田晋也のサタデージャーナルが最終回迎える

Written by  on 6月 29, 2019

上田晋也のサタデージャーナルが本日6月29日放送で最終回を迎え、最後のコメントで司会の上田は、
『当たり前のことを言ってきたつもりだが、当たり前のことを言いにくい世の中になりつつあるのではないか?』
『政治、世の中を変えるのは政治家だとは思っていません。我々一人ひとりの意識だと思っています。』
と結んだ。

7月6日から後継番組として、た駒田健吾TBSアナウンサーと田村真子TBSアナウンサーがMCを務める。新情報番組『まるっと!サタデー』が始まる。

LIVE:RT フランス・パリ市中心部のライブ映像の配信を開始

Written by  on 12月 9, 2018

フランスのパリで増税に反対する大規模なデモが起きて2週間以上が経過し、収まる兆しがないない中、ニュース専門局RTがパリ市中心部のライブ映像の配信をスタート。
LIVE:Protest der #Gelbwesten in Paris geht weiter – Kamera 1

「退院の準備に向けて、外出のトレーニングをしましょうかという話。22日には、会社にも出てきた」巨人の山口寿一オーナーが入院中の渡辺恒雄読売新聞主筆の状態明かす

Written by  on 11月 28, 2018

11月28日、東京都内で開催されたプロ野球のオーナー会議に出席した巨人の山口寿一オーナーが、入院中の渡辺恒雄読売新聞グループ本社主筆の状態について、
「亡くなったということもあり得ないし、危篤でさえない。」
「退院の準備に向けて、外出のトレーニングをしましょうかという話。先週の木曜日(22日)には、会社にも出てきた」
と明かした。

「うちの新聞社にも、取材が殺到しました」
山口オーナーが振り返るのは、16日のこと。渡辺主筆の容体に関する「デマが流れた」と言う。
朝日新聞|2018年11月28日

読売新聞の渡辺恒雄主筆について、11月16日夜、ジャーナリスト菅野完氏がメルマガで『亡くなった』と速報。
続いてジャーナリスト田中稔氏が「各社、予定稿準備している」などとツイートし、ネット上で騒ぎになっていた。
田中稔Twitter

渡辺恒雄読売新聞グループ本社主筆が死去か

Written by  on 11月 17, 2018

読売新聞グループの渡辺恒雄代表取締役主筆について、現時点(17日正午)で主要メディアの報道はないがジャーナリスト菅野完氏がメルマガで『亡くなった』と速報。続いてジャーナリスト田中稔氏が「各社、予定稿準備している」、作家井上太郎氏が「読売内がバタバタしています。どうも渡辺恒雄氏がお亡くなりになった模様です。」とツイート。


(安倍総理は14日~18日の日程でシンガポール、オーストラリア、パプアニューギニアを訪問中。)
渡辺恒雄氏は現在92歳。
今年の8月にデイリー新潮が8月16日に自宅で酒を飲んで転び、首を骨折。すぐさま病院の集中治療室に運び込まれたと報じている。
(dailyshincho)
井上太郎氏も渡辺主筆の死去で読売社内がバタバタしているとツイート。


+追記
[朗報]渡辺恒雄読売新聞主筆 健在だった
有田芳生参議院議員が11月22日、自身のツイッターで『「ナベツネ」こと渡辺恒雄さん。ご健在とのことです。渡辺さんとは「小さなジャガイモ」をめぐる想い出があります。』とコメント。


巨人オーナーがコメントを発表
11月28日、東京都内で開催されたプロ野球のオーナー会議に出席した巨人の山口寿一オーナーが、入院中の渡辺恒雄読売新聞グループ本社主筆の状態について明かした。
「うちの新聞社にも、取材が殺到しました」
「亡くなったということもあり得ないし、危篤でさえない。事実とまったく違う方向の情報が流れた」
「退院の準備に向けて、外出のトレーニングをしましょうかという話。先週の木曜日(22日)には、会社にも出てきた」


「選択」読売新聞の渡邊恒雄主筆の死亡情報や横田滋さんの危篤情報を流したのは内閣情報調査室
月刊誌「選択」が12月1日、11月中旬に流れた読売新聞の渡邊恒雄主筆の「死去」情報や9月に流れた拉致被害者横田めぐみさんの父横田滋さん「危篤」情報を流したのは内閣官房の情報機関である内閣情報調査室だと「ホラ吹き」内閣情報調査室の凋落との見出しで報じた。

フジテレビドラマ『民衆の敵』“安倍総理をバカにする”演出に批判が殺到

Written by  on 10月 30, 2017

10月23日スタートの篠原涼子主演の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系-月9ドラマ)の視聴率が、9%だったことがわかった。
前クールの『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』は、16.3%と高視聴率を記録していたフジ月9枠だが、『民衆の敵』は高視聴率を維持することができなかった。
さらに、ドラマを見た視聴者から、ある演出に批判が殺到しているという。

「今回、主人公が選挙で戦った相手に、磯部真蔵(いそべしんぞう)という、明らかに安倍晋三総理を意識したキャラクターが登場しました。そして物語の終盤、その人物のもがき苦しむ様子が放送され、健康上の理由で退陣となった。結果、篠原演じる主人公が繰り上げ当選するのです。安倍総理と言えば、前就任中に持病の潰瘍性大腸炎が悪化し退陣している。それだけにこの展開が、安倍総理を意識しているとして、一部視聴者から『難病で辞任した安倍総理をバカにしているのか!?』『やり方が汚い。不愉快だ!』『フジは民衆の敵が安倍さんだと言いたいの?』と批判が殺到しています」(テレビ誌記者)
デイリーニュースオンライン

フィクションとはいえ安倍総理への悪意を想起させかねない描き方に、不快感を抱く視聴者が多かったようだが、このドラマの脚本家の黒沢久子氏のTwitterを見ると、根っからの反安倍思想の持ち主のようです。

「朝まで生テレビ!」でウーマン村本が安倍総理について「戦争臭がプンプンする」

Written by  on 8月 14, 2017

8月11日深夜放送の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)に、お笑いコンビ“ウーマンラッシュアワー”の村本大輔が出演。安倍総理について、「安倍さんは秋葉原での野次への返し方など、大人気ない」「戦争臭がプンプンする」と語り話題に。

乃木坂18枚目シングルは3期生大園桃子,与田祐希のWセンター

Written by  on 7月 10, 2017

乃木坂46の18枚目のシングルの選抜メンバーが、7月9日放送乃木坂工事中(テレビ東京系)で発表された。
Wセンターの名前を呼ばれたのは3期生の大園桃子と与田祐希で、
「ビックリしてるんですけど、迷惑かけないように頑張っていきたいです」(大園桃子)
「私は3期生の中でも特に何かできるわけじゃなくて、むしろみんなよりできないことばかりで、すごい不安なんですけど、成長できるように頑張ります」(与田祐希)
と抱負を語った。

 
 
 
 
 
 
 
 
選抜メンバー&フォーメーション
齋藤飛鳥、白石麻衣、大園桃子、与田祐希、西野七瀬、堀未央奈
、星野みなみ、松村沙友理、生田絵梨花、秋元真夏、衛藤美彩、高山一実
伊藤万理華、新内眞衣、生駒里奈、桜井玲香、若月佑美、井上小百合

元朝日新聞主筆、韓国・東西大学碩座教授の若宮啓文氏(68)が死去

Written by  on 4月 29, 2016

元朝日新聞主筆で、韓国の東西大学碩座教授、ソウル大学校日本研究所客員研究員なども務めた若宮啓文(わかみや・よしぶみ)氏が4月28日、中国・北京で28、29日に開かれる日中韓3カ国のシンポジウムに出席するため滞在していたという北京市内のホテルで亡くなった。病死。享年68歳。


若宮氏は論説主幹だった2005年当時、朝日紙上で「竹島と独島 これを『友情島』に…の夢想」(2005年3月27日付)と題したコラムで
『竹島を日韓の共同管理にできればいいが、韓国が応じるとは思えない。ならば、いっそのこと島を譲ってしまったら、と夢想する。』
と書き、大きな波紋を呼んだジャーナリスト。

日本経済新聞伊奈久喜特別編集委員(62)が死去

Written by  on 4月 24, 2016



日本経済新聞特別編集委員伊奈久喜(いな・ひさよし)氏が、4月22日に胃がんにより死去。享年62歳。1953年東京都生まれ。日本経済新聞で政治部編集委員、論説委員、論説副委員長などを経て、特別編集委員に就任。1998年度のボーン・上田記念国際記者賞受賞者。