TENNさん(享年35)の遺族が上原多香子へ宛てて書いた遺書を公開

Written by  on 8月 12, 2017

ヒップホップグループET-KINGのメンバーで、2014年9月25日に自ら命を絶ったTENNさん(享年35)さんの遺族が、妻上原多香子へ宛てて書いた遺書をTENNさんの遺族が公開、女性セブン8月24・31日号で公開された。
遺書には、上原と俳優阿部力が不倫関係にあったことが記されていた。


(TENNさんが残した遺書)
多香子へ/ありがとう そして さようなら/子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい。/幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから/許してください。/僕の分まで幸せになってください。/きっと阿部力となら乗りこえられると思います。/次は裏切ったらあかんよ。お酒は少しひかえないとあかんよ。/嘘はついたらあかんよ。/多分、僕の事を恨むでしょう? でもいつかは許してくださいね/最後はいろいろと重荷になるけど…ごめんなさい。/これが、未来を考えた時の僕のベストです。ワガママを許してください。/いつか忘れる日が来るよ。きっと大丈夫 今から大変だろうけど/がんばって トントンとお幸せに/車は開けないで 警察を呼んでください。

LINEでのふたりのやりとりも公開
2014年10月22日、最初の月命日を前にして、上原と両親はTENNさんの遺骨を分骨。その際、上原は、TENNさんの母にTENNさんのスマホを渡した。母が見たスマホには、肩を組み熱いキスを交わす上原と阿部の写真などがおさめられていた。弟によると、上原のスマホを見てしまったTENNさんが、その画面を撮影したものと思われるという。
何故死後3年経ってから公開?
「両親もぼくも、自殺はあかんもんやと思っていましたし、みんなに迷惑かけて、みんなが傷ついて悲しい思いをしてる上に、自殺の真相なんて話す気にはなられへんかった。母は多香子さんに、“籍を抜いていいよ”とことあるごとに言っていました。」(弟)
昨年の三回忌法要の直前にも、TENNさんの母は上原に“森脇の名”を捨てるようすすめたという。すると上原から、1通の手紙が届いた。そこには次のように綴られていたという。

私、森脇のままでいさせてください。お仕事を再開して「上原多香子」として呼ばれ過ごす時間が長くなり、ふとした時、自分に戻った時、仕事場でも「森脇」と答えた瞬間に、あぁ~私は森脇多香子なんだなぁと思いました

演出家と熱愛 フライデー掲載で潮目変わる
潮目が大きく変わったのは、今年5月、上原と演出家のコウカズヤ氏の熱愛がフライデーに掲載されたこと。

「記事が出る2日前に、多香子さんがこっちに来たんです。こういう記事が出ます。おつきあいしている人がいるんです、って。それで急に籍を抜きたいって言ったんです。半年ちょっと前に森脇のままでいたいって手紙を寄越したのはなんやったんやろうなって。その後、実際に森脇から上原に戻したと聞きました。今では、なかなか連絡も取れんようになってます」(弟)

「多香子さんのこういうニュースが出るたびに、天国の兄は毎回ひどい言われようをしてしまうんやとしたら、どうにもいたたまれなくって。父や母の憔悴ぶりを見ると悔しくて…」(弟)

「これ以上、家族だけでは抱えきれない」ことから、遺書公開に踏み切ったという。

でんぱ組.inc最上もが 脱退を発表

Written by  on 8月 7, 2017

アイドルグループでんぱ組.incの中心メンバー最上もがが8月6日、でんぱ組.incから脱退すると発表した。


理由については、公式ブログで
『いままでも何度か決まっていた現場を体調不良の為お休みしてしまったことで、哀しい気持ちにさせていたと思います。本当にごめんなさい。』
『今後もそういう可能性がゼロとは言えず、自分だけでコントロールすることができないと思い、これ以上迷惑をかけたくないという気持ちで脱退することを決めました。』
と説明、発表の数日前のツイートでも体調不良を訴えていた。

乃木坂46中元日芽香が『らじらー!』で卒業を発表

Written by  on 8月 7, 2017

秋元康氏が総合プロデューサーを務めるアイドルグループ乃木坂46のメンバー(一期生)中元日芽香が8月6日放送のラジオ番組『らじらー!』(NHK/毎週日曜よる9時5分~)にてグループからの卒業を発表した。
乃木坂46の公式サイトも「乃木坂46のメンバーとして活動しております中元日芽香ですが、乃木坂46を卒業することとなりました。」と発表した。
卒業の時期は、現在調整中とのこと。
同番組で共演するオエイエンタルラジオの藤森は「かけがえのない仲間だから、全力で応援したい」、中田は「2人になるふとした瞬間に、感じてはいた。止めたいけど、止められる雰囲気ではなかったから見守るしかないと思った」とコメントした。