麻雀界のビックネーム佐藤孝平氏、古川凱章氏が亡くなっていた

Written by  on 2月 4, 2016


雀士佐藤孝平氏、古川凱章氏が昨年亡くなっていたという。
竹書房「月刊近代麻雀」の来賀友志元編集長が2月3日、日本プロ麻雀協会第10期タイトルホルダーの佐藤孝平氏、日本のプロ雀士のパイオニアである古川凱章氏など麻雀界のビックネームが昨年亡くなっていたが、麻雀界が何らの追悼メッセージも出していないことについて不満のメッセージを発した。

堀江貴文氏が北海道大樹町に住民票移転 宇宙事業の拠点に

Written by  on 2月 3, 2016

北海道大樹町内で小型ロケットの研究・開発を行うインターステラテクノロジズ(本社大樹町、稲川貴大社長)の創始者で実業家の堀江貴文氏が2015年12月末に大樹町に住民票を移し、大樹町民になったことが明らかになった。
堀江氏は頻繁に大樹町を訪問しロケットエンジン燃焼実験に立ち合っており、自ら力を入れる宇宙関連ベンチャービジネス成功への強い姿勢を示した。
2月1日に行われたインター社と総合商社の丸紅(本社東京)との業務提携覚書署名式の席上、「大樹にロケット工場ができれば人口が2倍、3倍になり税収増にもつながる」「大樹町民になりました」と話した。
大樹町を拠点にしている理由については「人口密度もいい意味で低く、主要な航路もなく、寒い以外は世界一、ロケット打ち上げに向いている」と話している。
source:十勝毎日新聞

[大樹航空公園空撮 ~大樹航空宇宙基地構想 HOKKAIDO SPACEPORT~]

安冨歩東大教授『結婚する時に、離婚届にも一枚ずつサインして、交換』を推奨

Written by  on 2月 2, 2016

東京大学 東洋文化研究所 安冨歩教授が、簡単には離婚できないのが日本の結婚制度下で、どうしても結婚したという若者に薦めているものとは……
『結婚の際に、離婚届にも一枚ずつサインして、交換しておくこと。その提案を拒否する相手はヤバいから結婚しないほうがいい』とのことだ。

「私自身かつては、普通に結婚するのは当たり前のことだと思い込んでいた。けれどそれは、私が当時展開していた思想からしても、随分おかしなことだった。実際、今のパートナーは、私がそうする姿を見て、奇妙なことをするな、と思っていたそうです。
しかし、当たり前だと思い込んでいると、まぁいいや、みたいな感じで、ズルズルっとトコロテンみたいに『結婚』へとなだれ込んでしまい、子どもを作ってしまう。それは今思えばとても恐ろしいこと。
こんな恐ろしい失敗を犯さないために、私と彼女とが、どうしても結婚するという学生や若い人に薦めているのはね、結婚する時に、離婚届にも一枚ずつサインして、交換しておくこと。“縁切寺”を自分で用意しとく。その提案をして、ヤダって言われたら、その相手はヤバいから結婚しないほうがいい」

デヴィッド・ボウイの亡くなる1か月前と幼少時の写真

Written by  on 2月 2, 2016

デヴィッド・ボウイのアルバムである「ベルリン三部作」(『ロウ』『ヒーローズ』『ロジャー』)の制作に参加したことで知られ、亡くなる7日前にボウイからメールを受け取ったというブライアン・イーノ氏(作曲家、演奏家)が自身のツイッターでデヴィッド・ボウイの写真を添えたツイートを発している。
(Brian Eno Shares David Bowie’s Haunting Final Email to Him-vulture)
こちらは亡くなるおよそ1か月前の姿。


こちらは幼少時の写真。



[David Bowie / Brian Eno – Moss Garden]

[ベッキー騒動]キャスター長谷川豊氏『そもそも一番悪いのは…ダントツで川谷君の奥さん』

Written by  on 2月 2, 2016

キャスター長谷川豊氏が2月1日付のblogos記事で、今回のベッキー騒動について、好感度上げようと必死な寒いテレビコメンテーターたちが必死になって擁護しているのがゲスの川谷夫人だが、「正常な価値観」から『そもそも一番悪いのは…ダントツで川谷君の奥さん』と断じた。
-長谷川氏の主張概略-
そもそも「不倫はダメ」なんて法律(民法)には書いておらず不倫は…「裁判になった時に離婚していい理由になりますよ」と書いてあるだけにもかかわらず、今はそこから「推察」して「離婚の理由になるってことは、法律上、ダメってことっすよね」というとらえ方をされている。
そして、民法上の規定は、そもそも「他者がどうこう言っていい問題ではない」。あくまで「当事者間」の問題。しかしながら、ゲスの川谷夫人の行為は刑法違反だとして厳しく批判している。

blogos,長谷川豊2016年02月01日
『彼女はもう多く言われているように、クローンiPhoneを制作してラインの画面を抽出しているのです。あ、諸説ある、とか面倒くさいこと、もう言う気はありません。私自身、様々な取材をしている身なのでハッキリ言いますけど、あのラインの画面の流出元が彼女以外いないことくらい、みなさんだって分かってるはずなので、言いきっちゃいます。あのラインの画面を文春さんに持ち込んだのは当然、奥さんです。
これに関しては、実は川谷君の携帯からどうして情報が流れたのか、すでにサイバー警察が動いています。この話は皆さん、あまり知らないことでしょうが、まぁ、もしかしたら早晩、流出経路が明らかになる可能性はあるかもしれないですね。
で、この行為なんですが…皆さんも分かってますよね?
犯罪ですからね?しかも刑事事件です。テレビのコメンテーターたちに本気で言いたい。分かってる?日本では…
「何人も、不正アクセス行為をしてはならない」(不正アクセス禁止法3条)って決まってるんです。
これに違反した者は、
「一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処せられます(同12条)。
ゴリッゴリの犯罪行為です。刑事事件なんです。そこをすっ飛ばすの、本当にやめた方がいい。
しかも、そこで入手したラインの画面を週刊誌に売り、誰がどう見てもプライバシー権を侵害していると推定されます(こっちは民法の方だけれど)。
この奥さんね、最初は確かに被害者です。それは確かです。でも、その後の文春さんに持ち込んで「復讐行為」を繰り返しているに至っては…
刑法と民法、両方で…99.99%「アウト」な行為に手を染めています。私、3人とも知り合いじゃないのでハッキリ言いますが、
この3人の中で、完全にダントツで一番ダメな行為をしているのはゲス谷君の奥さんであることは法治国家日本において明白です。

 

音楽誌『beatleg magazine(ビートレッグ・マガジン)』が2016年2月号をもち休刊

Written by  on 2月 2, 2016

1998年12月創刊の音楽誌『beatleg magazine/ビートレッグ・マガジン』が、2015年12月28日発売の187号(2016年2月号)をもち休刊する。
編集と営業の2名で発刊までを賄っていたが、営業担当者が2016年1月24日に急逝したためで、担当者は寸前まで普段通りに過ごしていたが、入稿の最終段階の前日に突然倒れ、翌日未明に帰らぬ人となったという。

beatleg magazine(ビートレッグ・マガジン)休刊のお知らせ
通常の考え方ですと、担当者を補填すれば再開できると考えられると思いますが、弊社は故人と二人だけ起業して17年3ヶ月間、二人三脚で社内でやるべきすべてを工面していました。
営業、発送、会計処理などの庶務のほとんどを故人に頼ってきまして、しかし定期刊行物として途絶えないようにやっていたための無理が出てしまい、何かあった場合に対応できないままにしておいてしまった為に、このような結果になってしまいました。
また故人は編集者の私よりもずっとずっと音楽、映像、本などのカルチャーに精通し、縁の下の力持ちであったので、そういう土台の元に誌面が構成されていた部分があります。
そういう意味でも私一人で故人のやっていたことの補填対応が不可能という判断に至りまして、痛恨ですが休刊とさせていただくことにしました。

beatleg magazine/ビートレッグ・マガジン発行人・編集長
横関清高
2016年1月31日加筆修正2月1日
http://www.beatlegmagazine.com/news/archives/312

明治20年(1887年)創業 都内最古のおでん屋「呑喜」が閉店 現在のおでんスタイルを考案した老舗

Written by  on 2月 2, 2016

明治20年(1887年)創業、130年にもなる老舗で大正デモクラシーの立役者吉野作造も通っていた都内最古のおでん屋「呑喜」が最近閉店したとのこと。大根、袋などの、現在定番のおでん種を考案した店。

ギタリスト松原正樹さん ガン終末期になり栃木県那須の病院に入院

Written by  on 2月 2, 2016

ギタリスト松原正樹さんの夫人南部昌江さんが1月30日、Facebook上で、2015年5月に十二指腸ガンであることが判明したという松原さんが現在、ガン終末期になり栃木県那須の病院に入院され、痛みを軽減する対処療法を行っているとのこと。
松原さんは現在61歳、これまで松任谷由実「恋人はサンタクロース」、松田聖子「渚のバルコニー」、寺尾聰「ルビーの指環」など多くの歌手のレコーディングに参加してきた。

[教則DVD 『松原正樹 ギター・サウンド徹底解析』 Digest]
那須の自宅スタジオで収録されたという教則DVD。

南部 昌江
1月30日
現在、夫の松原正樹は癌終末期になり那須の病院に入院しています。
去年の5月に十二指腸癌がわかり、6月に手術で開腹したところ転移も多く手の施しようが無く、腸を胃に繋ぐバイパス術をしてもらいました。それからは食事が取れるようになり、自宅に戻り、免疫療法や温熱療法を始めとしたありとあらゆる良いとされる治療を通院で受けながら、自宅でも食事療法など良い事何でもしながら普通に暮らしておりました。とても体調が良かったので良い方向に行ってると感じておりました。ところが、年末には痛み発熱が続くようになってしまい、それでも頑張って通院はしていたのですが、遂に1月18日入院しました。
やはり末期癌には勝てないのですね…とても残念でなりません…
抗がん剤拒否は若い頃から二人で決めてた事で、二人で選んだ治療をしてきたわけですから、「…たら、…れば」と思いませんし、言われたくないです。ここまで普通に楽しく暮らす事ができました。
現在病院では痛みを軽減する対処療法で麻薬鎮痛剤使ってます。
私も病室にずっと泊まり込んで側についています。
松原はもう面会に耐え得る体力は無いので、静かに見守っていただけたらと思います。
https://www.facebook.com/masae.nanbu/posts/893112517474343

+追記

南部 昌江
2月10日
魂が宿っていた肉体にいよいよ限界が来てしまいました。
治療を続けてきましたが、末期癌の為2月8日未明、夫:松原正樹の魂は天に昇って行きました。
松原が魂を込めた演奏、追求し続けたサウンドの作品は沢山残っていますので、末長く愛聴して頂けたら、松原がこの世に生きた証しとして嬉しく思います。
本日、那須にて家族葬を済ませました。
お知らせできなかった事をどうかお許しください。
https://www.facebook.com/masae.nanbu/posts/898365346949060

東電復興本社、Jヴィレッジから富岡町へ移転 Jヴィレッジ東京五輪日本代表の強化拠点に

Written by  on 2月 1, 2016

東京電力復興本社、Jヴィレッジから富岡町へ移転
かねてより復興本社を移転することを表明していた東京電力は27日、移転先を「浜通り電力所(双葉郡富岡町)」とし、2016年3月末までに移転すると発表した。
press:tepco.co.jp
「福島復興本社」は、原発事故被災者への賠償、除染、復興推進などについて、一元的に意志決定するため東電が福島県にある全ての事業所の復興関連業務を統括するために、2013年1月1日にJヴィレッジ(楢葉・広野町)内に設置された設置した組織。
Jヴィレッジ スポーツ施設として復旧へ
日本サッカー協会は平成31年4月に営業を全面再開するJヴィレッジを、翌年に控える東京五輪に向けた男女日本代表の強化拠点とすることを理事会で正式に決めた。さらに同五輪後、ワールドカップ代表や各年代代表も活用する可能性が出てきた。
source:福島民報

X JAPAN、Ra:INのギタリストPATA 血栓で入院

Written by  on 2月 1, 2016

X JAPANのギタリストPATAが所属しているもう一つのバンド、Ra:IN(ライン)がPATAの体調不良により急遽、公演中止と発表した。

1/22(金) Ra:IN 上野音横丁、公演中止・延期のお知らせ。
※1月22日(金) 開催を予定しておりました
“Ra:IN 2016 上野音横丁”の 公演は、
メンバーであるPATAの体調不良により、
誠に申し訳ありませんが、 急遽、 公演中止・延期させて頂きます。
Ra:IN Official

この件について、X JAPANのドラマーYOSHIKIが「先週から入院している。(20日夜に)話をしました。血栓ができているためで、状況は良くなっています」と説明した。
(sanspo.com)