甲状腺ガン 20歳女子の悲痛な日々 リンパや肺に転移 通い始めた大学も再発で退学 

Written by  on 9月 13, 2015

2015/09/25号のFRIDAYが高校3年の夏休みに甲状線ガン手術を受けた福島県中通り地方に住む20歳女性の悲痛な日々を本人のインタビューを基に報じた。記事によると、女性は県外の大学に入学後、大学の健康診断で「血液がおかしい」との結果が出て、夏休みに帰郷し県立医大で検査を受けると「ガンの再発を告げられ」治療に専念するために大学も退学したのだという。

ko
「小児甲状腺ガンという診断をうけたときは、『えっ!?なにそれ』という感覚でした。それまでなんの自覚症状もなかったんですから。ガンがリンパや肺にも転移し、その後2回も手術を受けることになるとは思っていませんでした」
こう明かすのは福島県中部(中通り地方)に住む、20歳の女性Aさんだ。
8月31日の福島県の発表によると、11年3月の福島原発事故発生当時18歳以下だった県民36万7685人のうち、甲状腺ガン、またはその疑いがあるとされた人は137人。発症率は10万人あたり37.3人で、通常の100倍近くも高い。とくに左ページ下の地図で示した「汚染17市町村」の発症率は10万人あたり42.9人で、ガンが見つかったAさんも同地区内で悲痛な日々を過ごしている。
東日本大震災が起きた当日は、Aさんの中学校の卒業式だった。原発事故直後の3日間は外出をひかえていたものの、その後は通常の生活を続けていたという。
「県立高校への進学が決まっていました。事故から1週間後には、制服を注文するため母と一緒にJR福島駅前にあるデパートに出かけたんです。高校入学をひかえた子供たちが押しかけ、デパートは超満員。建物の外にまで行列がのび、私たちも30分ほど屋外で待たされました」
(以下、ことわりのない発言Aさん)
当時は県内の空間放射線量が非常に高く、福島市内では毎時10マイクロシーベルトを記録していた。そうした事実をしらされず、Aさんはマスクをつけずに外出していたのだ。
通い始めた大学も再発で退学
翌年の夏休み。自宅近くで行われた県の甲状状検査で、Aさんに異常が見つかる。県からは「福島県立医大で精密検査をお願いします」との通知が届く。
「ノドが少し腫れていましたが、自分で気づかなかった。県立医大で2回目の精密検査を受けたときに医師から『深刻な状態だ』と告げられ、ガンであることがわかったんです。高校3年の夏休みに手術を受け、甲状腺の右半分と転移していた周囲のリンパ組織を切除しました」
だが、これで終わりではなかった。高校で美術部に所属していたAさんは「ウェブデザイナーか学芸員になりたい」という夢を持ち、卒業後、県外の芸術系大学に進学。入学後の健康診断で「血液がおかしい」との結果が出たのだ。
「夏休みに帰郷し、県立医大で検査を受けると『ガンが再発している』と言われたんです。治療に専念するため、通い始めたばかりの大学も退学せざるをえませんでした。10月の再手術では、残っていた左半分の甲状腺とリンパ組織を切除。甲状腺は全摘出することになったんです。肺への転移も判明し、術後しばらくはかすれた声しか出ず、キズの痛みを」こらえながらリハビリを続けていました」
生理不順にもなりホルモン剤を投与。今年4月には肺がん治療のため「アイソトープ治療」も受けた。放射性ヨウ素の入ったカプセルを飲み、転移したガン細胞を破壊するという療法だ。

元男組山口祐二郎、高橋直輝が鴻池祥肇参院安保法制特別委員長に建白書を提出

Written by  on 9月 10, 2015

sif
 
 
 
 
 
 
安倍政権が推進する安保法制に対する反対運動を展開している全日本憂国者連合会議の山口祐二郎議長と憂国心魂塾の高橋直輝会長は9月8日、『安全保障法制の撤回』を求める建白書を、鴻池祥肇参議院安保関連法制特別委員会委員長に面会し、手渡した。


 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山口氏、高橋氏はともに男組の元幹部。
男組
男組とはしばき隊、プラカード隊などに列する在特会系デモに対するカウンター(対抗)集団で2013年6月から2015年3月までの間、活動していおり、高橋氏は“男組組長”、山口氏は“男組若頭”を名乗っていた。

声優 斉藤瑞樹さん(41)が急逝

Written by  on 9月 8, 2015

ぷろだくしょんバオバブ、演劇部隊チャッターギャング、劇団すごろくなどに所属していた男性声優、斉藤瑞樹(さいとう みずき)さんが9月2日、肺動脈血栓のため死去。41歳。



 

激ヤセした女優川島なお美(54)が「コレ」の日本進出会見に出席

Written by  on 9月 8, 2015

2014年1月に肝内胆管ガンの手術を受けた女優の川島なお美(54)が9月7日、東京都内で行われたフランスのシャンパンブランド「コレ」の日本進出会見に、出席した。
コレについて「今まで飲んだことのないような気品のある泡とボトルがブラックでとてもシックで」と感想を話した。
「(ワイン)解禁はしてなくて、お祝いとかそういう時にはいただきますが、前みたいにたくさんは飲んでない。今まで一生分飲んできたので見ただけで味も分かるんです。香りを嗅げば品種も分かるし、これまでさんざん飲んできた」手術をうけ、アルコールを控えていることを明かした。



[oriconofficial 川島なお美 COLLET新商品発表会]

『ジャパネットたかた』高田明元社長 「僕は戦争のない世の中にしたいんだ!」と訴え

Written by  on 9月 8, 2015

『ジャパネットたかた』の高田明元社長が、9月7日放送の『快適!ショッピングスタジオ』(テレビ東京)で、「学研まんがNEW日本の歴史 別巻つき13冊セット」を紹介した際、「僕は戦争のない世の中にしたいんだ!」「今こそ歴史を学ぶべきなんです!」と叫んだという。
放送を見ていた映画監督松江哲明氏がツイートし、大きな話題に。

[阿部辞めろ!]弾幕の字を間違える阿部→安倍

Written by  on 9月 8, 2015

安心倍増、安倍晋三と思えておけば間違えない。反対者は不安増三、安倍晋三と。

安倍晋三首相の無投票再選濃厚=野田聖子氏、推薦人確保に難航

Written by  on 9月 8, 2015

首相陣営、党内各派・グループを通じた締め付けを強化、野田氏、立候補に必要な推薦人20人の確保に困難に


安倍晋三首相(自民党総裁)の任期満了に伴う党総裁選が8日告示される。党内全7派閥の支持を受ける首相が再選されるのは確実な情勢だ。
これに対し、出馬に意欲を示す野田聖子前総務会長は、立候補に必要な推薦人20人の確保に依然としてめどが立っていないとみらる。
立候補受け付けは8日午前8時から30分間、党本部で行われる。
こうしたなか、古賀誠元幹事長が野田氏に出馬を促すとともに、岸田派(古賀派)の個別議員に野田氏支持を働き掛けているとされる。これを警戒する岸田派は7日、臨時総会を開き、結束して告示に臨む方針を確認した。
野田氏は7日、電話などで党内への働き掛けを続けた。しかし、首相陣営の切り崩しで、野田氏の推薦人になることを約束した議員が離反する動きもあり、20人の確保は難航している。
時事ドットコム(2015/09/08-00:14)

茂木健一郎「日本の笑いは最初から自己規制されていて、本当にやばいところには突っ込まない」

Written by  on 9月 8, 2015

笑いは社会的タブーや、対立があるテーマに踏み込むと、価値があがるが。脳科学者茂木健一郎氏曰く『日本の笑いは最初から自己規制されていて、本当に社会のやばいところには突っ込んでいかないという印象を持つ。』

山本太郎参議院議員がNHKの番組でNHKを批判

Written by  on 9月 7, 2015

9月6日放送のNHK日曜討論に、山本太郎参議院議員(生活の党と山本太郎と仲間たち)が「アベ政治を許さない」のタグを付けたバッグを持参して出演し、「NHKは偏向報道、官邸へのゴマすり報道が多すぎる。」 などと主張、NHKの番組でNHKを批判した。


山本太郎NHK日曜討論発言場面20150906 投稿者 gomizeromirai

東京法被が独自にデザインした“2020年東京オリンピックの法被制服案”

Written by  on 9月 7, 2015

「おもてなし東京」のポロシャツ、帽子、カバン
(東京都がビジネスを支援している有望な若手デザイナーの中からコンペにより選ばれた藤江珠希氏がポロシャツ、帽子、カバンをデザイン。)
omo
 
 
 
 
 
 
東京オリンピックで外国人観光客を案内する「おもてなし東京」ボランティアの制服が、ダサイと不評になっている中、東京法被が独自にデザインした“2020年東京オリンピックの法被制服案”が好評を得ている。


hap